るーちゃん日々雑感

nikojisan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 12月 05日

松島の名所・・・観瀾亭

 
 観瀾亭は、伊達藩の月見御殿として使われたもので
 政宗が豊臣秀吉から拝領して
 江戸・品川の伊達藩屋敷に置かれていたものを
 二大藩主、忠宗がこの地に移築したものだそうです。
 様式は、桃山様式で客の宿泊接待に使われたりしました。



先ずは、説明看板と、屋敷見取り図
b0190709_2036398.jpg

b0190709_20345779.jpg

玄関口
b0190709_20383218.jpg

座敷には立派な屏風が・・・
b0190709_20403541.jpg

b0190709_20404145.jpg

抹茶をいただくことも出来ます(お抹茶とずんだ餅付きで700円)
b0190709_1740444.jpg

併設の博物館には伊達家にまつわる様々なものが陳列してあります
よろいの数々・・・
b0190709_20424912.jpg

b0190709_2043075.jpg

槍なども飾ってあります
b0190709_20435710.jpg

伊達家代々の紋・・・一番左端の紋は仙台市の「市章」と似ていますね
b0190709_20453824.jpg

九曜紋(五大堂の屋根瓦にも刻まれています)
b0190709_20454912.jpg

一般に良く知られた紋
b0190709_20465459.jpg

表に出て、別の階段を登ると
b0190709_20483277.jpg

どんぐりころころの歌碑が・・・
b0190709_2049172.jpg

b0190709_20594454.jpg

歌碑には2番の歌詩までが書いてありますが、実は3番の歌詞が存在して
地元の青木先生ゆかりの小学校では3番まで歌われているそうです。


これで、五大堂・観瀾亭・どんぐりころころの歌碑の紹介は終わりますが
次回は、海産物の安い店と、周りの見所を紹介します

by nikojisan | 2010-12-05 20:56 | Comments(8)
Commented by 栃木ハンター at 2010-12-05 22:09 x
るーさん、こんばんは!

ここは行かなかった!!!
でも、昨日アップされた記事の場所はすべて歩きました(今日 12/5)。
にぎわっている観光地という雰囲気で素晴らしい場所ですね!

塩釜にも行き、「ル・ポール」をハントしようと思いましたが、ここは残念ならが到達できませんでした(涙)。

少しずつ更新してゆきたいと思います。
ではでは。

p.s. るーさんの街、素晴らしいところですね!
Commented by imno1 at 2010-12-06 10:47 x
かつては日本の海辺と云えば防風、防砂で「松」を良く見かけたものです
最近は松と云う木自体をあまり見なくなりました
『松島』は名前の通り松の木が多いんですねェ
少し懐かしいカンジがします
Commented by nikojisan at 2010-12-06 12:06
栃木ハンターさん、こんにちは!
宮城の地へようこそいらっしゃいました。
ハンターさんのブログの松島訪問記も見せて戴きましたが、あぁ!こんな見方も出来るかなぁと感じています。
特に夜の五大堂は私も見たことはなく、興味津々でした。
次の訪問記事を楽しみにしております。
Commented by nikojisan at 2010-12-06 12:09
imno1さん、こんにちは!
松島の松も最近は松食い虫に害されてきていて、地元でも必死に予防策を講じているようです。
海の小島に松のある風景は松島の命ですからね?
Commented by 亀三郎 at 2010-12-06 16:39 x
伊達家の家紋は、九曜紋(くようもん)と言うのですね!
それだけでも、覚えて帰ろうと、、、必死です。。。
いま
ハンターさんちも、松島なので、、、
いろいろ覚えたいことが
こちらと合わせて「山盛り」状態で、嬉しい悲鳴?です(爆笑)
Commented by 時平 at 2010-12-06 16:46 x
おばんです
観瀾亭は外から見ただけでなかに入ったことはありません
なるほど・・・さすが伊達藩は奥州の大藩だったんですね
この座敷から 松島に浮かぶ月を見たら・・・一生に一度くらいやってみたい (笑)
今度松島に行く機会があったら 寄りたい場所としてのチェックを入れときます
Commented by nikojisan at 2010-12-06 17:29
時平さん、お晩です。
観瀾亭はあの座敷と、博物館、どんぐりころころの歌碑・・・と見所は十分ですよ!
是非、もう一度おいで下さい。
Commented by nikojisan at 2010-12-06 17:30
亀三郎さん、お晩です。
代々家紋は変わっていったのですね。
紅葉の松島は終わりですが、雪の松島は一番見事なモノですよ!
雪をいただく島の松、雪の五大堂、月を眺める観瀾亭・・・見所は一杯・・・


<< 松島の色々なところを彷徨く      どんぐりころころの作詞者は・・・? >>