るーちゃん日々雑感

nikojisan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 04月 03日

通信が回復すると・・・

通信交通手段が回復するにつけ、身近な人達の消息が判ってきた。
悲しむべき事実が次第に判明して、目の前に突きつけらました。

石巻市に住んでいる従兄弟の無事は確認出来たものの、
その後、近くに住む長男夫婦の家屋が流されて、現在、従兄弟の家に同居しているそうだ。
更に、従兄弟の奥さんのお母さんの兄上の家が流されて行方不明だそうな・・・
子供さんは仙台に仕事で出掛けていて無事だったもののいまだに親は行方不明のまま・・・・・

現在、愛知県瀬戸市に住むこの従兄弟の弟の長男のお嫁さんの実家も女川町にあり
家族が行方不明なそうな・・・・

更に、塩竃市・石巻市・女川町に住む、数多くの親戚・従兄弟が、家具の下敷きでなくなったり
家が流されて行方不明だったり、と言う現実がどんどん耳に入ってる・・・・・

私は小学校一年生から3年生まで仙台市で過ごしたが、事情があって塩竃市に転居。
4年生から塩竃市の小学校で過ごし、ここの小学校を卒業したので、
数多くの同級生が現在も塩竃市に住んでいます。
商店の経営者、水産会社の経営者、薬局の経営者、開業医、喫茶店の事業主・・・・etc.

今迄、結構な回数で会っていた友人の消息もいまだに判らない・・・・・
でも、行っては見たいけれどもガソリンは全く手に入らず、車では行けない。
電車も動いていないし、道路も通行しにくいし、危険でさえある。口惜しい!!

先日、朝から行列に2時間並んでやっとの思いでガソリンを入れることが出来ました。
ガスも、やっと復旧して待望のお風呂にも入ることが出来ました・・・・!

でも、今回は、素直に喜ぶことは出来ませんでした。
被災地に取り残された人々は、あたりまえの日常生活(然も最低限の・・・)も出来ていないのです。

救助活動の邪魔にならない範囲で、被災地に消息を求めに行こうと考えている。

by nikojisan | 2011-04-03 10:28 | その他 | Comments(0)


<< とてもカメラは向けられませんでした!      身近な所にも被害者が・・・ >>