2011年 04月 06日

とてもカメラは向けられませんでした!

我が家からは、一番近い名取市の閖上海岸方面に行ってみました・・・
東部道路を境にして、海側の地域は見るも悲惨な状況でした。
田んぼには、車や、流された家とか、かなりの大きさの船までが放置されていました。
道路脇にも、自動車、船、家屋、様々な流失物、が累々と散らばっています。
さすがに、ご遺体はいち早く安置所に運んだようですが・・・・

仙台市との境にある、名取川に架かる閖上大橋はいまだに通行禁止・・・・
仙南の亘理町・岩沼市からの交通は、一旦、名取市の市街地の方向を大きく迂回して
仙台方向に向かわなければなりません。
この橋を渡ると、仙台市の若林区・宮城野区の荒浜地区があります。

この先の、最も被災のひどかった、閖上(ゆりあげ)海岸には、
警察・自衛隊が警備していて、これ以上先には入ることは出来ません。
この交差点近くのセブンイレブンには大きな車が突っ込んでいて、未だ、そのままになっています。

閖上の海岸方面を見ると、何カ所かの建物が残っているだけで、海岸まで丸見えの状態。
反対側も、バイパスとか、仙台市内方面が見渡せる状態でした。

支援物資の輸送と、交通のために、道路上の瓦礫は脇に寄せてはありますが
田んぼと、畑の中と、住宅地はそのままの状態で、とても見られたものではありませんでした・・・
田んぼの中には、所々にまだ海水が澱んでいて、とてもお米の作付けは出来そうもありません。

東部道路の町側にも海岸から町に至る道路を[通り道]にして、かなり内陸側まで津波の跡が・・・
帰りに、知り合いの司法書士事務所に寄ってみた・・・
事務所は大丈夫だったものの、司法書士さんの家は、
閖上地区だったので、流失してしまったとのことであった。
ここに勤めている女性のご主人は、長男が以前に勤務していた小学校の教頭を務められた方で
校長になるのを嫌って中学校の平教員になった人です。

今回、見た町の様子は、とてもその悲惨で、その凄まじさに
恐怖を感じて、とてもカメラは向けられませんでした!

しかし、震災の記録として、その悲惨さを忘れないためにも、気持ちを新たにして
いつかは写真を撮りに行こうと思っている・・・・・・


果たして、カメラを向けられるだろうか???

by nikojisan | 2011-04-06 18:45 | その他 | Comments(0)


<< また、強い地震が・・・      通信が回復すると・・・ >>