るーちゃん日々雑感

nikojisan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 06月 22日

百合をもっと知りたくて・・・

ナントナク人に聞きながら育てていましたが・・・
しっかり勉強しようと言うことで、専門誌を3冊もAmazonで購入しました。
知れば知るほど、百合は種類が多くて系統も知らなくてはいけないし
球根、植え変え、土壌などのこともよく知らないと・・・
球根を良く枯らして仕舞うのは何故なのか・・・次の年も良い花を咲かせるためには・・・・?
やはり何事にも勉強は必要なのですね・・・・!!



写真の一番多い本は・・・1400円
b0190709_919491.jpg


百合の12ヶ月の様子を紹介した本(NHK趣味の園芸別冊)・・・950円
b0190709_9303339.jpg


山百合の種取と栽培を専門家が紹介した本(これは専門家向け?)・・・1750円
b0190709_933442.jpg

この他にも、もう一冊ありましたが・・・・
図鑑のようになっている本のようで専門家向けかと思いましたし値段も3000円超〜〜
今回は、財布と相談してパスしました。




今まで、手元に持っていたのはこの1冊
百合の絵に惹かれて買ったけれど・・・ほんの少し触れているだけ・・・・
表面的に触れているだけで、実用にはなりません。
b0190709_8585159.jpg





さて話は違いますが・・・・
長女から父の日のプレゼントが届きました・・・・
婿さんがお店で名入り扇子を注文していたらしく、昨日21日に届きました。
娘に電話したら日曜日には間に合うかも知れないと、言っていたようですが
少し遅れて届きました!
b0190709_9402273.jpg

b0190709_9403288.jpg

扇子の裏側の竹の部分に名前が彫り込んであります。

カメラ:キャノンパワーショット SX120 IS





スエーデンの作曲家:フーゴー・アルベーン作曲
スエーデン狂詩曲(真夏の徹夜祭)


パーシー・フェイス・オーケストラの演奏で・・・・


by nikojisan | 2012-06-22 09:45 | その他 | Comments(24)
Commented by レモン at 2012-06-22 10:33 x
おはようございます
るーちゃん今までもお庭に百合は沢山植えていたのに・・・
これからは百合一面の庭になりますね。
これからのUPが楽しみです。

>父の日 優しいお子様、婿殿ですね。
これからの季節おおいに役立つことでしょう・・・
Commented by nikojisan at 2012-06-22 10:59
レモンさん、こんにちは。
山百合が欲しくて欲しくて〜〜〜〜〜!!
宮城の県北の百合園のホームページにもアクセスして球根の事を聞いています。
そのうち庭の花を切って・・・・百合の園になるかも知れませんね・・・・・??

父の日のプレゼントは長女、次女からは良いプレゼントを貰いました。
婿さんも扇子をくれるなんてセンスが良い・・・・ナンチャッテね??!!??
Commented by いちご at 2012-06-22 11:45 x
るーちゃん、こんにちは。
百合のお勉強されているんですね。
いろんなたくさんの種類があるんでしょうね!
百合で満開になったるーちゃんのお庭が見てみたいです!

父の日、素敵なプレゼントが届いたんですね。
これからの季節に大活躍しそうですね。
そして名前が入れてあるなんて!素敵です!
ほんと、センスがいいですね♪
Commented by yodogawasyuhen at 2012-06-22 12:15 x
こんにちは
ユリの花を咲かせるのは難しいと聞いています。
頑張ってください。
渋い扇子です。
いいなぁ~。
これから暑い日に私も欲しいです。(笑)
Commented by 亀三郎 at 2012-06-22 15:06 x
こんいちは
名入りセンス、、、それは、お婿さん、、、「ハイセンス」!!です~~~
ぐふふ、、、分かりますか??ダジャレですけど、、、(滝汗)
冗談はさておき、
いいですねぇ、しあわせな人 = るーちゃんって図式が
写真から、、、透けて見えてきてますよ!!
さっそく、えいや!!と思い切って使ってくださいね、
しまってしまうと、、、もったいなくて
使えなくなりますから~~~(笑)
Commented by nikojisan at 2012-06-22 16:23
いちごさん、こんにちは。
勉強だなんて・・・・照れくさいからそう書いただけで・・・実は写真を見てるだけなんです!
今年こそ百合園に行ってみようかとインターネットで調べています。
近くのアヤメ園には数年前に行ってみたことがあるんですが・・・・

長女の婿さんからの贈り物にはビックリしました・・・
次女と長女からはプレゼント、嫁さんからはカステラ・・・チョットばかりセンスが違うようです!
でも、なんにもご馳走は出なかったんですよ・・・・ただのご飯だけ・・・
寂しいじゃあり〜〜ませんか????(;。;)
Commented by nikojisan at 2012-06-22 16:35
yodogawasyuhenさん、こんにちは。
百合の種類は多くて・・・知れば知るほど分からなくなります・・・
でも、山百合が大きくて匂いも強くて野菜的で好きですね。
カサブランカも白くて大きな花なのでやはり好みの百合なんですよ!
バラほど高価でも育て方が複雑でもないようですから・・・・

黒い色で竹の部分に飾りが入っていて気に入ってます!!
Commented by nikojisan at 2012-06-22 16:53
亀三郎さん、こんにちは。
ハハハハハ・・・ベタな洒落ですよね・・・私も分かっていながら「センスが良い」なんて書きましたから・・・
まぁ、人生とサラリーマン生活では一つも良い思い出はなかったけれど・・・
良い子供と可愛い孫に恵まれたことは人生の最後に良い思い出が出来ました。

亀三郎さんからの提案があったとおり・・・子供達に貰ったプレゼントはいつか着用して
写真に収めて子供達に見せてやろうかと思っています!!  
アイデアに感謝しています!!
Commented by blackfacesheep at 2012-06-22 22:04
うちにも今、大きなユリの花がやってきましたよ。
相方のお誕生日祝いで、保険屋さんがもってきました。^^
なかなか豪快な香りですわ・・・ちょっと強すぎて鼻炎気味の私にはきついです。^^;
素敵なギフト良いですねえ。
人の親になるのは大変なことではありますが、こういうギフトが届くと裏山鹿と思ったりするんであります。^^;
Commented by yuta at 2012-06-23 00:39 x
こんばんは
百合も奥が深いようですね
本を読んで、育てるのが一段と楽しくなりそうです

父の日のプレゼントの扇子は色が涼しげですね^^
Commented by renchiyan at 2012-06-23 05:40
おはようございます
自分の好きなものとことん勉強するのって学校の勉強と違って楽しいも
んですね・・・
Commented by nikojisan at 2012-06-23 06:06
blackfacesheepさん、お早うございます。
あら! 奥様の誕生日は6月ですか・・・・?   それは、おめでとうございます。
私も来月誕生日なので娘に宜しくと言ったら・・・・
聞かなかったことにしておくからね・・・って、・・?

年取ってくると大きな植木は面倒を見るのは大変なんですねぇ−〜〜〜〜?
花だったら、そんなに大きくはなりませんので何とかなりそうです。
Commented by nikojisan at 2012-06-23 06:11
yutaさん、お早うございます。
綺麗な花と思って始めたら〜〜ナント! 何百はおろか何千にもなるみたいですね〜〜〜?
でも、折角始めたのですからせめて代表的なモノから好きな花を選んで見ようと思っています。

暑がりの私には丁度良いプレゼントでしたね・・・・!!
Commented by nikojisan at 2012-06-23 06:15
夢遊さん、お早うございます。
好きで勉強するのが本当の勉強なんでしょうね・・・・・?
カメラの扱い方も勉強すれば良いんですが〜〜〜文化系の私には
メカとかの話は難しいので適当に読み飛ばしてばかりですから身に付かないんです!!
何時も中途半端です!!
Commented by ジャスミン at 2012-06-23 06:48 x
おはようございます。
植物を今より更に上手に綺麗に咲かせて育てるために、その植物のことをもっと勉強してみよう!!って思いますよねぇ。。
私もバラと蘭の本を数冊づつ持っています。
1冊めはよく判らないのですが、3冊めの表紙はボタニカルアートで描かれていますねぇ。
私が描いている画法で、目がいってしまいました。

ネーム入り扇子、センスの良い嬉しい贈り物でしたねぇ(^-^)
藍色の様な落ち着いた色で私も好きな色です。。

『真夏の徹夜祭』、この曲も馴染みがありよく耳にする曲で、いい曲で朝からいい感じ~(^-^)V
Commented by babatehgiant at 2012-06-23 08:35 x
こんにちは。
一生勉強なんですよ、きっと。
でもなかなか出来ることではないんですよね。
カメラのお勉強不足の私は見習わないといけません。
Commented by nikojisan at 2012-06-23 09:19
ジャスミンさん、こんにちは。
百合を増やしていくたび、人に聞いたり当てずっぽうで育てていたら・・
翌年には発芽しない事が出てきて・・・・やはりある程度の知識は必要と自覚したんですよ!!
前にも、追加写真の本は持っていたのですが・・・サッパリ実用にはならなくて・・・(趣味の園芸)
今回は、Amazonで調べて3冊購入しました。
インターネットでも県内の百合園を捜して球根の栽培はあるのか問い合わせています。
そう言えば、ジャスミンさんは絵を描かれるんですよね・・・・実に尊敬に値します!!
わたし、絵はダメ! 字は下手! スポーツも出来ない! スタイルもダメ! 
何事もダメじいさんなんですよ・・・・・・!!

父の日のプレゼントは洒落たモノで気に入ってます!

音楽に対するコメント・・・・何時も楽しみにしてます。 
コメントを励みに曲を探しています・・・・。
Commented by nikojisan at 2012-06-23 09:27
babatehgiantさん、こんにちは。
カメラの本も買って勉強したつもりになっているんですが・・・・サッパリ上達しません!
確かに常に勉強する態度は持ち続けないといけませんね?
それと同時に常に言い被写体を捜して出かけなければなりませんが・・・・
足腰に不安がある私には、車が頼りですのでレガシーの他にパジェロミニを手に入れて
あちこと気軽に出かけようとしています・・・・
出来るだけ歩く距離を少なくしなければなりませんので・・・・・・!!
Commented by Lucian at 2012-06-23 20:31 x
こんばんは。
「赤く咲くのはけしの花、 白く咲くのは百合の花…」
ということで、ポピーの次は百合ですね。
ご研究と実践のプロセスを記事にされてみて下さい。

プレゼントがお気に入りのようですね。
センスがよいの「センス」は和製英語だったんですね。
His present is in excellent taste that chose the fan.
(扇子をくれるなんてセンスが良い)
His present is a refined sense of taste.
(ハイセンスなプレゼントだ)
Commented by esiko1837 at 2012-06-23 20:41
るーちゃん、こんばんは。
テキスト本って結構高いんですよね。
でも役に立つことがたくさん書いてるでしょうから、
うんとお役に立ててくださいませ。
私は、夫に野菜の本を買って渡しました。
冬はコタツ番でしたが、今は畑で家族の為、頑張ってくれています。

ご長女からのセンスは、とてもセンスがいいですね。
こういう渋いのは大好きです。
自分用に欲しくなりましたです。
Commented by nikojisan at 2012-06-23 20:58
Lucianさん、こんばんは。
懐かしいですね・・・・藤圭子でしたか?
研究と言うほどの大げさなモノではないですよ・・・!

学生時代からセンスが好きで冷房のない時代には結構重宝していました!
少しは、格好付けの感じもありましたけれど・・・・・
学生時代は、結構、粋がって背伸びをしていました。
Commented by nikojisan at 2012-06-23 21:12
esikoさん、こんばんは。
本を購入するのは嫌いではないのですが、読み通すことが出来るかどうかが問題です!
かなり老眼が進んできましたからね・・・・
畑仕事も、庭いじりチョットした趣味のようなモノですから〜〜〜〜??

一迫の百合園に球根の事を問い合わせてみましたが〜〜まだ返事は来ていません。
近くのアヤメ園には一度行ったことがありますので・・・今度は百合園に行ってみたいです!!
HPを見ると相当に広い場所のようで、総てを見て回るのは結構骨が折れそうです!
esikoさんの方からは近いような気がしますが・・・・
沿岸に近いところから山の中までだと距離があるかな?
Commented by 時平 at 2012-06-25 05:03 x
おはようございます
向学心を枯らさないことが 元気でいる秘訣です
いっぱい勉強して下さい

プレゼントの扇子 趣味の良さが光ります
暑い夏が楽しみですね (^^)v
Commented by nikojisan at 2012-06-25 05:58
時平さん、お早うございます。
老眼が進んで、虫眼鏡の世話になっていますがどうやら読めるようです!  昔は、2.0だったのに・・・?
カサブランカを毎年からしているので、度したら良いのか、山百合が欲しいが球根はあるのか・・・
知れば汁ほど疑問が出てきます・・・・勉強が足りない証拠ですね?

ドンドン、字を読むのが辛くなってきています・・・・


<< 待望の百合が咲きました!      嵐の到来に備えて・・・ >>