るーちゃん日々雑感

nikojisan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 06月 29日

早すぎる!!  あまりにも早く・・・

妻のすぐ上の姉のご主人・・・私にとってはもっとも親しかった義兄が逝った・・・
彼も・姉も私より1才上です・・・僅か、1才です!



自宅兼お店が我が家の長男が通っていた高校のすぐ近くでしたので、部活で帰りが遅くなった時
部活の朝練が早いときには「家に泊まっていけ!」と声を掛けてくれていましたし、
食わず嫌いを強制的に直してくれたり・・・思い出は尽きません。
娘達も年頃が同じ従兄弟と仲良く、しょっちゅう遊びに行ってましたし
彼の長女のプーケットでの結婚式に、我が家を代表して長女が参加させて頂きました、
その時、義兄と一緒に収まった写真が、祭壇の遺影に使われてました・・・
これを見て長女は、思い出したのか? 大泣きしていました。
通夜・葬儀にはみんなから慕われていた兄の人柄の故に沢山の弔問客が・・・
我が家の3人の子供達夫婦と、兄弟の子供達夫婦、孫に至るまでみんなが駆けつけました。
私の時にはこんなに集まってくれるかなぁー?・・・と、思ったほどです!!


そもそもは同じ職場に勤務していたことが交際の切っ掛けのようでしたが・・・
父親が病気に倒れたので商売の跡を継ぐことになり、姉も商売人の家に嫁ぐことになったのです。
更に、母親も意外に早く亡くして、若くして文字通り一家の大黒柱として頑張ることになりました。
そして、町内会・交通安全指導員の社会奉仕活動も、仕事の傍ら、積極的に行っていました。
肝臓が良くないのは若いときからのようでした!
今までも何度かは、検査入院・手術入院を繰り返しましたが・・・・・
姉から先月末、妻に、「今度はダメかも知れない!」と、知らせがあったそうですが、
6月4日にお見舞いに行ったときには「誕生日までに帰れるかな・・・・・??」と、
兄にしては珍しく、弱音を漏らしていました・・・・・

それが、1ヶ月も経たないうちに旅立ってしまうとは・・・・
私も何度も入院を繰り返していますので、我が身に置き換えてみると
本当にショックでした・・・・・

姉は気丈に振る舞っていましたが日にちが経つにつれ、喪失感が襲ってきそうです。
妻と一緒に、なるべく今までと同じように訪ねていこうと思っています。

長男は、国家公務員で夫婦とも横浜に住んでいますし、長女は市内に住んではいますが
孫達は頻繁に姉夫婦の所に遊びに来てました。
現在、次男夫婦と孫と一緒に住んでいますが、義兄の分まで長生きして欲しいモノです。

兄は、仏の世界には四十九日後に辿り着くようですが・・・・・
天国には直ぐにでも辿り着くでしょう!
せめて天国までの家路が安らかでありますように・・・・
それにしても早すぎる死でした・・・・悔しい!!

b0190709_947069.jpg

b0190709_9465266.jpg




使用カメラ:ニコンD700
使用レンズ:AF ZOOM-NIKKOR 18-35mm f3.5~4.5 D IF-ED
データ:26mm   f 7.1  SS 1/200   ISO 200







イシュトバン・ケルテス指揮ウイーンフィルハーモニー管弦楽団の演奏で
私が買った最初の「新世界から」のLPでした。
ドボルザーク新世界交響曲から・・・・家路


by nikojisan | 2012-06-29 07:00 | その他 | Comments(24)
Commented by 亀三郎 at 2012-06-29 17:30 x
義理のお兄さま、ご愁傷さまです。
るーちゃんが言われるように、早過ぎますよ、
どうして、、、神様は、みんなに慕われてる人を、
こんなに早く呼んでしまうんでしょう。
寂しいですよねぇ・・・
・・・ドボルザークの家路・・・心に滲みすぎて、悲しすぎます。。。
Commented by tkc at 2012-06-29 18:05 x
ご愁傷様です。
親しい方、尊敬する方が若くして亡くなるというのはやるせないものですね。
御冥福をお祈りします
Commented by esiko1837 at 2012-06-29 19:35
るーちゃん、こんばんは。
この度のお義兄様のご逝去に、心からお悔やみ申し上げます。
親しくしていた人が亡くなると、その喪失感はとてつもないものがあります。
それを癒してくれるのは、後にも先にも時間しかないと思います。
どうぞ、お義姉様のことを気遣ってあげて下さいませ。
と、私なんかが言わなくても十分ご承知ですよね。
また、女同士の話もあると思いますので、時には奥様だけを
行かせてあげてください。
男の人がいると気を使って話せないこともあると思いますから。

一歳しか違わないからと、るーちゃんが心細くなることはないです。
それぞれ持って生まれたDNAも違うのですから
どうか落ち込まないでくださいね!
Commented by nikojisan at 2012-06-29 19:55
亀三郎さん、こんばんは。
お悔やみの言葉感謝致します・・・・
唯一の娘の孫が家に来ると「爺ちゃんのところが良い!」と言って兄の膝に座っていたのを思い出しますが
その娘も下の子の面倒を母に代わって一生懸命に世話している様子がいじらしくて、私にもむすめ孫が
いたらなぁと羨ましく思いました・・・なにせ、むすめ孫はたった一人ですからね・・・・・!
女房の姉が気の毒で長生きして欲しいと切に願わずにはいられませんでした。
兄貴! みんなのことを守って下さいと願って葬儀に参加したのでした。
Commented by nikojisan at 2012-06-29 20:01
tkcさん、どうも有り難うございます。
この3日間ショックでなにも考えられない日を過ごしましたが、・・・
忙しい行事が過ぎてしまうとまた、兄のことが思い出されるんですよね!!
私にとっては、暫くぶりに会う兄弟との再会も嬉しかったですが、考えるのは兄のことばかりです。
義理でもこんなに辛いのですから実の兄弟だったらと思います・・・・・
幸い、一人っ子なので実の兄弟はいませんからこの悲しみは味合わなくとも済みますが・・・・・
Commented by nikojisan at 2012-06-29 21:00
esikoさん、こんばんは。 
鄭重なお悔やみの言葉、有り難うございます。
我が家の子供達も私の言うことには反発しても義兄が子供の意見を聞いて、その上で親の気持ちを諭してくれ、
何時もとても助けられていました・・・あとからこっそりと「こう言っておいたから・・・」と、
教えてくれていました・・・・!!
姉も植物を育てるのが好きなので、色んなものを頂戴してきました・・・・・。
ガクアジサイの「墨田の花火」も、シャコサボテンも、カタクリの鉢植えもすべて姉からのもらい物でした。
妻の直ぐ上の姉なので妻も何かと相談して、頼り切っていたようですから・・・・・
これからは姉の相談相手になってもらい、私もできる限り気遣ってあげたいと思います。
これで、妻の兄弟間で初めてどちらかが欠けたことになりましたが・・・これからは増えていくばかりですね?
今回も下の兄が心臓のペースメーカー交換の手術で参加できませんでした。
歯が欠けるようになるのでしょうが、こんな悲しみ、悔しさはもう味わいたくありません!!
妻の父が73才で亡くなっていますので常日頃妻の父を尊敬している私も「お父さんの年に私も逝くかな?」と、妻に話しています。
Commented by yuta at 2012-06-30 00:46 x
こんばんは
このたびはご愁傷様です
年が近く親しくされていただけに悔しいですね
心からお悔やみ申し上げます
Commented by renchiyan at 2012-06-30 05:22
おはようございます
一度は逝かねばならないことですがあまりにも早いのはやはり辛いで
すね 葬儀に来てくれる人数その人の人柄が出るので私の時は・・・っ
て考えてしまいます
Commented by nikojisan at 2012-06-30 07:17
yutaさん、おはようございます。
お悔やみのお言葉感謝致します・・・
年も近く、会うことの多かった義兄ですので辛さはひとしおですね。
幸い子供達もしっかりとしているので、一安心なのですが姉の心のうちを思うと・・・・
前よりも明るい表情で、顔出しに移行と考えています。
Commented by nikojisan at 2012-06-30 07:20
夢遊さん、お早うございます。
人の定めとは言え、まだまだこれからの人生だったのに・・・!と、考えると
やはり、辛いものです・・・・
野球が好きで、孫を連れて近くのクリネックススタジアムに良く行ってました!!
Commented by 時平 at 2012-06-30 07:27 x
おはようございます
身内が亡くなるのは辛いですね  
特に親しかったら尚更です 気を強く持ってお過ごしください
ご愁傷様でした
Commented by nikojisan at 2012-06-30 08:43
時平さん、お早うございます。
お悔やみのお言葉感謝致します・・・・。
年も近く、しょっちゅう会っていた義兄なので実の兄弟のように仲が良かったんですよ!
我が家の子供達も、何時も「伯父ちゃん、伯父ちゃん!」と、慕ってました・・・
長女は郡山市に住んでいるのですが・・・知らせを聞いて「伯父ちゃんが?」って、ビックリしてました。
特に、遺影の写真が自分と並んで撮った写真が使われたものですから、特に感慨があったようですね?
Commented by レモン at 2012-06-30 14:15 x
このたびはご愁傷様です
日頃仲良くなさっている方との別れは
辛いですね。
時々でも義兄様のことを御家族の話題になされば
喜ぶことと思います。
Commented by yodogawasyuhen at 2012-06-30 14:30 x
こんにちは
義兄の死にお悔やみ申し上げます。
私も色々ボランティアやっていましたので、死に直面しました。
その人の持つ寿命みたいです。
お気を落とさず頑張ってもらいたいです。
Commented by nikojisan at 2012-06-30 14:31
レモンさん、ありがとうございます。
性格も、趣味も違っていた義兄でしたが、お互い相手を尊敬しながら仲が良くと言ったかんじでした。
妻の兄弟7人の夫婦でお酒が飲めないのは私一人でしたが、妻もお酒を飲める機会が無くなったので
今では妻も飲みません・・・子供達は娘も息子も婿さんも皆酒飲みです。
通夜も法要もクルマで行かなければ飲みたいと思ったほどに辛い日々でした。
特に、姉は若くして相方を失ったので気落ちしないかと心配です。
横浜の長男からも、母を時々訪ねてやって下さいと依頼されましたので時々遊びに行きたいと思います。
Commented by nikojisan at 2012-06-30 14:44
yodogawasyuhenさん、有り難うございます。
年が近いし、我が家の子供達が大変世話になったのでショックは大きいです!
日頃、町内会、交通指導隊、祭りの世話役・・・etc・・人からは大いに慕われたようです。
むすめ孫を連れてクリネックススタジアムまで野球をよく見に行っていたみたいです!
その孫娘の一番上の子は中学生なのですが・・・母親・お祖母ちゃんの手伝いに大きな戦力に
なっていたようです・・・3日間一番下の妹をしっかりと世話して母親の助けになっていましたので
この姪の旦那さんに大いに母親の助けになって羨ましいねと賞賛しました。
Commented by Lucian at 2012-07-01 20:56 x
こんばんは。
胸中お察し申し上げます。
お付き合いが深かった分だけ悲しみも大きいと思います。
私は人は生まれ変わると思っているので、縁があればいつかまた会える、それまでの暫しの別れと解釈しています。
そう考えると気持ちが少し楽になったものでした。
Commented by nikojisan at 2012-07-02 05:35
Lucianさん、おはようございます。
この義兄とは1才しか違わないものですから、世代的にも話があったんですね。
若くして、70才にも達しないのにしかも誕生日の前の日に逝って仕舞うなんて・・・・!
「輪廻転生」とか「あの世」とかは無宗教でついて行けないのですが・・・・
それでも何となく割り切れないものを感じますね・・・・・・??
父の死の時よりも感慨はひとしお・・・・でした!
Commented by いちご at 2012-07-02 09:30 x
るーちゃん、おはようございます。
お義兄様のご逝去、心からお悔やみ申し上げます。
とても仲が良く、本当に良くして下さっていたんだなって文章を読んでいて光景が目に浮かぶようです。
そして、お義兄様が皆さんに慕われていたのもすごく良く伝わって来ます。
誰しもが通る道ではあるけれど、でも・・・まだまだ早すぎます・・・
いつまでもお義兄様のこと思い出してあげてくださいね。
皆さんの事を見守ってくださることと思います。
そして、お義姉様の所へお顔を見せに行ってあげてくださいね。
Commented by ジャスミン at 2012-07-02 15:56 x
なんと言葉をおかけしたらよいものか、と悩んでおりました。
この度は義兄さまが、悲しいことでしたねぇ。
奥さまのすぐ上のお姉さまの旦那さま。
るーちゃんにも奥さまにも子どもさんたちにも、大変身近な存在だったこととお察し致します。

心の淋しさは日を追う毎に増してくるのでしょう。
でも、義姉さまには、次男夫婦と孫たちが傍についてくれている様で、それはとても心強く安心ですね。
“今までと同じように・・・”
るーちゃんの優しい心遣いを感じました。


遠き山に日は落ちて 星は空を 散りばめぬ
今日のわざを なし終えて 心かろく やすらえば
風はすずし この夕べ いざや 楽しき まどいせん

闇に燃えし かがり火は 炎 今は 静まりて
眠れやすく 憩えよと  誘うごとく 消えゆけば
やすきみ手に 守られて  いざや 楽しき 夢を見ん

歌詞が心にしみ入ります。
Commented by nikojisan at 2012-07-02 16:29
いちごさん、こんにちは。
早いもので今日が初七日ですよ・・・・
午後妻と一緒にお線香を上げに行ってきましたよ・・・・!
長男達も横浜に帰ってしまい、長女が矢張りお線香を上げにやって来てました。
姉の話によると、葬儀社の人もあれほど参列者が多かったのは暫くぶりでしたとのことだったそうです。
1ヶ月になったらまた訪問してみようと思っています。
葬儀が終わった日の夜は疲れてはいるのによく眠れなかったそうですよ・・・・・
Commented by nikojisan at 2012-07-02 17:01
ジャスミンさん、こんにちは。
そうですよね・・・・他人様の不幸にコメントをするのは・・・躊躇いが伴うものですよね?
日頃お目にかかれない兄弟にも会えて嬉しいこともありました。
高槻市に住んでいる姉の旦那さんも写真クラブに参加しているらしく、話が盛り上がりました。
若いときに山歩きをしていて知り合ったのだそうですが、ご主人の実家が京都なので・・・
十数年前に息子さんの結婚式が京都の丸太町通りであったときに京都に行っています。
その時に、京懐石を初めてご馳走になり、京都見物を楽しんできました。

「新世界」のレコードはかなりの枚数持っていますが、初めて購入したときには・・・このケルテス指揮の
レコードが一番評判良かったんですよ!・・・そのご、チェコフィルのレコードが発売され、
カラヤンの演奏も数種類発売、・・・と、次々に購入していきました・・・・

小学校の下校時の音楽にも使われていますし、仙台市でも昔このメロディーが流されていました。
良い音楽ですよね・・・・
Commented by imno1 at 2012-07-03 11:30 x
ご愁傷さまでございます… 心よりお悔み申し上げます

ワタシ、最近一風変わった通夜式に参列しました
いわゆる新興宗教で死者は「天に帰る」と云う意識を前面に押し出してる
かと云ってズバリの神教でもなく普通に仏教とも云えない
お経に代わるモノを一緒に唱えさせられてメッチャ『異教』を感じたので少し心がモヤっとしました
あまり宗教心のないワタシにはいい経験?でした 

義兄さんの事いつまでも心から離れませんネ、きっと
いつも心にある事が良い供養になるンですね…
Commented by nikojisan at 2012-07-03 16:34
imno1さん、こんにちは・・・お悔やみ有り難うございます。
わたしは殆どが仏教式のお葬儀で、キリスト教式は一度か二度だったと思います。
無宗教での音楽葬と言うか友人葬は一度見たことがあります。
仏教と言っても東北は曹洞宗が断然多くて、兄の所の黄檗宗というのは珍しいですね・・・
黄檗宗は臨済宗から分かれた宗派でインゲン豆で有名な隠元が宗祖です。
母の妹の菩提寺は時宗でこれまた珍しい宗派のお寺です。
仙台にはこの2つのお寺さんは少なくて、葬儀の時には大変だそうです。
でも、折角次の日が誕生日でしたのに無念だったろうなと考えています・・・・
本当に悔しかったです!


<< 九州は大雨だというのに・・・・!      待望の百合が咲きました! >>