2012年 10月 29日

異空間・・・

丘の上で突然こんなものが・・・・!
神社? 何も建物も無い・・・・
石ころだけが並んでいる?  神社の廃墟・・・?



見渡した様子はこんな感じ!
b0190709_7171045.jpg


馬頭観世音の文字・・・小っちゃい真四角な石
b0190709_7172830.jpg


今度は象頭山・・・・丸っこい石で・・・馬の次が・・・象??
b0190709_722966.jpg


脇の方には・・・湯殿山・・・山形の神社?
b0190709_7235979.jpg


真ん中から割れた石も・・・山神・・・と書いてます!
b0190709_7251927.jpg


まだあります・・・これはお稲荷さん?
b0190709_726745.jpg

此方はまた少し違いますが・・・中に御札(?)が見えます!
b0190709_7271054.jpg

中に書いてある字は・・・・? 秋葉原神社・・これって火伏せの神様??
b0190709_7281914.jpg


元々は、手洗いだったのかも・・・?
b0190709_7304366.jpg

少し明るく修正してます・・・・
少し薄暗い空間でしたので・・・さっさと退去した方が良さそうです!!




異空間=異邦人  つながりで久保田早紀の異邦人・・・メロディーが好きでした。


by nikojisan | 2012-10-29 07:34 | その他 | Comments(26)
Commented by imno1 at 2012-10-29 09:19 x
>少し薄暗い空間でしたので・・・さっさと退去した方が良さそうです!!

色んな神様が寄り集まってますね… 不思議空間? 
いえいえ、ココはきっと『パワースポット』なのでは??
ココから帰ってきてからるーちゃんは元気倍増してません??(笑)

馬頭観世音は良くアチコチで見かけます 秋葉神社も 
でも「秋葉山」って書いてあるね 同じことかな?
他は初耳だなァ…
Commented by nikojisan at 2012-10-29 10:00
月山・湯殿山・羽黒山の出羽三山の片割れの湯殿山・・・・
秋葉神社ではなく秋葉原神社と書いてあるようですね?  東京の秋葉原??
山神は奥さんのことかしら・・・・??
栃木にいたときに馬頭町と言う名前の町が有りました・・・・!!
パワースポットじゃないでしょ??  薄気味悪かったもの・・・・・!!
Commented by いちご at 2012-10-29 10:47 x
るーちゃん、こんにちは。
何だか不思議な感じの場所ですね!
薄気味悪い感じの所だったのですね。
imno1さんがおっしゃるように、ここはパワースポットのような感じもしますよ。
いろんな神様が集まっておられる?そんな場所なのですね!
昔、ここにどんな建物があったのかしらね・・・
Commented by margueri1 at 2012-10-29 11:09
るーちゃん おはようございます。
不思議な場所ですね。個人の所有のものだったのかしら???
2つ目の写真を見ると昭和二年?・・・85年ぐらい前のもの?
神聖な感じがしますが、怖い感じもします・・・
私は、怖がりなので、ひとりでここを歩けないかも・・・
Commented by nikojisan at 2012-10-29 14:52
いちごさん、こんにちは。
何とも不思議な場所でしたよ・・・
神様が団体で住んでいるかのような・・・・??
神社らしくなくて、建物もないんですよ!!
パワースポットならもっと厳粛な感じが感じられるはずですが・・・・
単なる神社の廃墟のようでしたよ・・・・!!
Commented by nikojisan at 2012-10-29 14:59
maruさん、こんにちは。
近くには公園もありましたから個人所有の場所ではないだろうと思いますよ!
時代は昭和のものなのですよね・・・建立月日だとすれば?
周りは明るい場所でしたが、松とスギの大きな木立に囲まれて此処だけが
チョット薄暗かったです・・・・
Commented by 亀三郎 at 2012-10-29 17:06 x
こんにちは
丘の上、、、ということは、、、もしかして神社の跡とか
可能性がないですかね、もしくは、ここは古い街道で
この辺りで、道が分岐になっていて、
旅人に行き先を教える道標代わりになっていたとか、、、、
と、、、まぁ、、、名探偵亀三郎は、、いろいろ推理してみました。(汗)
PS ところで、ここはお散歩の途中ですか??
   それとも、撮影のための遠征中??
Commented by nikojisan at 2012-10-29 17:17
亀三郎さん、こんにちは。
そうですね・・・建物のない神社なんてあり得ませんからねぇー〜〜〜
元々此処は小高い山であったと聞いていますから人の住まないところだったのでしょう!
従って、道の分岐点にある追分でもなかったと思います。
松とスギの大木に囲まれた場所ですから・・・神社の跡地であった可能性が高いですね?
此処はお散歩の延長の場所でした。
Commented by lennon-harrison at 2012-10-29 19:43
わ、嫌いじゃない世界観ですね、何処かさみしいような、神秘的な感じもしました。
いい場所見つけましたね。ブログへ書いてもらった件ありがとうございました。
最近カメラは記録になってたので芸術で撮っていきたいですね!
Commented by yodogawasyuhen at 2012-10-29 20:20 x
こんばんは
神社の廃墟ですか。
どんな歴史があったのか興味がわきますね。
忘れられた街があったのかも。
マチュピチュみたいのがあれば大騒ぎになりますよ。
Commented by kiyooku at 2012-10-29 20:36
今晩は
不思議な雰囲気ですね~
写す側の腕でしょうね・・・・
雰囲気楽しませて頂きました。
Commented by Lucian at 2012-10-29 20:48 x
こんばんは。
「象頭山」という石牌には、天保十一年と刻まれていますね。
これは「天保の大飢饉」が終息した翌年に作られたことになります。
今の震災にも匹敵する歴史の大きな節目が刻印されていることになりますね。
Commented by nikojisan at 2012-10-29 21:28
tkcさん、こんばんは。
此処は散歩の途中で山の上に上がったところでの場所です!
周りに松と杉の木立があってチョットうす暗い感じの所でした。
神様がいっぱい祀られていてありがたい場所なのかもしれません・・・・
ヤマさんがBlogを閉じられましたね・・・・残念です!
Commented by nikojisan at 2012-10-29 21:34
yodogawasyuhenさん、こんばんは。
此処は元は小高い山だったようですから・・・人が常時住んでいたとは思えませんね?
山の上のたまにお参りする村の鎮守様だったのかもしれません!
マチュピチュってことはないでしょう・・・・そんなに高くもありませんから!! (笑)
Commented by nikojisan at 2012-10-29 21:38
kiyookuさん、こんばんは。
貴兄の鳥海山の写真には何時も興味津々で見入っています・・・!
珍しい斜光(天使の梯子)を何度も捉えて素晴らしいなと思っています!
わたしなんかは先日やっと天使の梯子を撮影出来て小躍りしてるくらいですから・・・
Commented by nikojisan at 2012-10-29 21:47
Lucianさん、こんばんは。
そうですね・・・天保十一年と書いてありますね。
この町にも恐ろしい飢饉ががあったと言う事ですね・・・
稲も今とは違って例外には弱い品種だったでしょうし、栽培技術も今とは比較にならないでしょうから
ヤマセの襲来に耐えることは出来なかったのでしょう・・・・
今の技術でも酷い冷害時には日本中がコメを求める大騒ぎを経験しましたから・・・
忘れないように自戒しなければなりませんね?
Commented by Lucian at 2012-10-29 22:40 x
今日の仙台上空は妙な空模様だったという噂が流れています。
http://himasoku.com/archives/51747860.html
本当だったのでしょうか。
地震雲でなければいいですが。
Commented by renchiyan at 2012-10-30 04:59
おはようございます
こんな異空間に出会うと少し戸惑ってしまいますが面白そうですね・・・
Commented by nikojisan at 2012-10-30 06:33
Lucianさん、お早うございます。
良くマァこんなページまで見ていますね?
これは昨日の雲の形でしたよ・・・スーパーに買い物に行く途中で空を見上げたら・・・
変な形だなとは思いましたが・・・残念ながらカメラは持っていませんでしたので!
未だ大きな地震はありませんが・・・・
Commented by nikojisan at 2012-10-30 06:37
夢遊さん、お早うございます。
散歩の延長で高い場所にこんな場所があるんです・・・
住宅地の真ん中なんですけどね・・・・それがと手も違和感がありました。
異次元の世界に来たかと一瞬思ったりして・・・想像力たくましい老人でした!
Commented by グランマ at 2012-10-30 10:11 x
おはようございます・

不思議な空間ですね。
同じ場所でお参りできるようにと順次出来て行ったのかも・・?
馬頭観世音は近くにも祭られているんですよ。
いずれにしてもさみしい場所でのようで長居は出来ないですね。
通称町内名が「馬場先」といい年に一回供養されているとか・・

Commented by nikojisan at 2012-10-30 11:41
グランマさん、こんにちは。
お社が壊れて再建されなかったのか、初めからなかったのか・・・なぞが多いです!
中には天保大飢饉の翌年、天保十一年の日付が記された石碑もあって・・・????
昔はこの地は小高い山であったと言いますから人里ではなかったのでしょう!
Commented by ペンタスキー at 2012-10-30 12:38 x
こんにちは。
建物がないと本当に 異空間 ですね。
なんだか神秘的!!
数日後に訪れると、変化していたりして!(笑)
山神 と書かれた石が、なおさら神秘的に見えます。
Commented by nikojisan at 2012-10-30 14:28
ペンタスキーさん、こんにちは。
そうなんですよね!  建物は元々作らなかったのか、火事かなんかで無くなったものなのか?
考えると本当に不思議なんですがまさか幻の空間ではないでしょう・・・(^。^)
でも、色んな神様が集まっていますよね??
まさか、神様達の集会所かな・・・・・なんてネ!! (゜ロ)ギョェ
Commented at 2012-10-30 16:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nikojisan at 2012-10-30 19:47
鍵様、こんばんは。
パソコンの故障で本体の取り替えをしましたのですべてのデータが失われています・・・
eMail Addressも電話番号もすっかり失われましたので、出来ればメールでも鍵コメでも結構ですから
連絡方法をお知らせ頂きたいと思っています。
そんなに遠くない時期に写真Blogとして再登場して下さいね・・・お待ちしています!!


<< アジサイが咲いた・・・?      これって・・・タンポポ? >>