るーちゃん日々雑感

nikojisan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 03月 11日

あれから3年・・・

マグニチュード9.0 の強烈な地震と・・・その後の総てを破壊し尽くした大津波・・・・・。
3県の中で一番に開けた海岸線を持つ宮城県の死者数9537人、岩手県の死者数4673人、
原発事故で放射能に汚染された福島県の死者1607人、全国で計15884人(行け不明者含む)

震災・津波・原発事故による避難者も全く仮設住宅・見なし仮設から復興住宅には入れてはいません!
瓦礫の撤去に3年近くかかり、これから地面の嵩上げと、津波防波堤の建設が続きます。
この防波堤も、当初、計画された場所が人の住まない場所になったり・・・
農業に全く適さない土地になって仕舞ったりと・・・・無駄な計画に批判が為されていますが
初めに建設計画ありきで・・・不要の場所にもあくまで必要だと説く復興省の役人と県知事が
主張をゴリ押しようとしている様子には呆れてしまいます。
津波防止の最低限の防波堤は必要でしょうが・・・
あの、岩手県田老町の大防波堤でも津波を防げなかったことを考えれば
高台に住宅地を移設して、避難用の道路を整備する方が景観も損なわないと思います。
全く海の見えない高い防波堤の内側での生活は刑務所の中と同じ感じがしませんか?
昨日、安倍総理は原発を廃止せずに再稼働すると宣言しました。
今後、倒壊・東南海・南海で予想される巨大地震で各地の原発の被害はあり得ないのでしょうか?
財界・取り分け、電力業界からの猛反発で
再稼働を推進しようと計画しているように思えて仕様がありません

震災では我が家もかなりの被害を被って、長い期間ガス・電気・水道のない生活と
暖房の灯油の不足と、ガソリン不足で買い物に出かけるのも大変な有様でしたが・・・
一定の期間が来れば回復される問題でした。
被災者の安心して住める恒久的な復興住宅の建設と、若い人が地元に残れる仕事場の確保が
無ければ・・・やがて誰も住まなくなってしまう死の町になって仕舞います!
役人・県知事・市長などの上からの目線ではなく、
地元の人の意見を取り入れた計画が実行されることを強く願って・・・
3年目の今日、この記事をアップしました。



岩沼市の二の倉海岸地区・・・此処には昔海浜プールがあり、
長女が小学校4年生の頃に一度連れて行きました。
b0190709_18562614.jpg

b0190709_19105429.jpg

開ヶ沿いにあった道路も今では立ち入り禁止に・・・
b0190709_1850155.jpg

b0190709_18502456.jpg

海岸は重機が入って嵩上げ工事と防波堤建設が為されていました。
b0190709_18504773.jpg

b0190709_18505559.jpg

b0190709_1852242.jpg

破壊された住宅の痕
b0190709_1852885.jpg

なぜか、神明社というお堂がポツンと建っていました。
b0190709_18503458.jpg

b0190709_18502684.jpg

遠くにはうっすらと雪を頂く蔵王の山が見えました。
b0190709_18523116.jpg






by nikojisan | 2014-03-11 19:08 | その他 | Comments(20)
Commented by yuta at 2014-03-12 10:26 x
こんにちは
昨日はTVで特集を放映してましたね
今なお仮説住宅での生活をされている方のお宅を訪問してましたが、
その仮設住宅はカビと湿気で天井から水滴がたれて、床も湿気よけの段ボールが
ぬれてる状況でした
あまりのひどさに唖然としました
こういうところに3年もがまんして住まわれてるかたのきもちを察すると・・・
このままでは病気になります
仮設住宅とはいえ人間が住むに足りる住宅ができなかったのか
今後起こるかもしれない震災に対しての問題点だと思いました
Commented by いちご at 2014-03-12 11:13 x
るーちゃん、こんにちは。
いつも報道を見聞きして心を痛めています。
3年前、多くの尊い命が奪われ大切な家族・友人を亡くされた方々の
事を思うと本当に心が締め付けられます。
皆さんそれぞれにいろんな苦しみをかかえて3年間を過ごされているんですよね。
その苦しみを抱えたままこれから生きていかないといけないんですものね。
防潮堤、本当にこれで防げるのかしら?
それよりも先に安全に暮らせる場所を確保して揚げた方がいいのではないか?と、素人の私なんかが言う事じゃないかもしれないけれど・・・
納得がいかない事が多すぎて、もどかしい気持ちでいます。
Commented by グランマ at 2014-03-12 15:45 x
こんにちは・

あれから3年の月日が・・・はや3年、まだ3年、複雑な気持ちです。
写真を拝見していると復興とは程遠い感じがしてしまいます。
TVなどで防波堤など住民の方たちの意見を無視したような
計画も進められようとしているとかで胸が痛みますね。
一日も早く笑顔で過ごせる日が来ることを願って・・・・
Commented by yodogawasyuhen at 2014-03-12 16:49 x
こんばんは
高台に住宅建てるのが一番です。

復興住宅は名前だけなのですね。
もっと良い住宅を与えるべきです。
政治家、役人は考えていないので。
Commented by nikojisan at 2014-03-12 17:40
yuraさん、こんにちは。
仮設住宅の出来映えは場所によって様ザな出来不出来があるようです!
そのまま復興住宅として使えそうな良質なものから、紙パルプで如何にも急ごしらえの家まで
様々なようです・・・こんな所に3年も入っていたら災害関連死も起こりえますよ・・・・。
民間の地主からの借地返還時期もそろそろ到来するというのに・・・住宅地の整備は全くの手つかず。
早く何とかしないと次の東海・南海大地震が起きたらどうするんでしょう!
Commented by paoまま at 2014-03-12 17:57 x
今日の夕方六時過ぎ広島着の新幹線でパパさん仙台から帰って来ます。
南三陸町や気仙沼まで行ったそうです。
慰霊祭にも出席したと言っておりました。

今回仙台に行ったのは仙台でのお仕事について、担当官との打ち合わせの為です。
今から秋まで仙台に関わらせて頂きます。
よろしくお願いしますね。
Commented by nikojisan at 2014-03-12 17:59
いちごさん、こんにちは。
多くの人々が命を落とし、家を失い何よりも希望を失った皆さんのことを真剣に考えているのか?
防波堤の必要性を否定する気はありませんが、万里の長城のような高い防波堤でも万全ではない!
仕事場の確保と復興住宅を早く建設していかないと・・若い人は仕事を求めて町を離れてしまいます。
折角、町を復興しても老人だけの町に成りかねない危険性を孕んでいます・・・・。
現に、宮城の山下町は住民の30%が町を離れているのだそうです。
税収もなくなるし、水道などのインフラは高料金になって仕舞う・・・!!
ナニカ妙手は無いものでしょうか・・・・?
Commented by nikojisan at 2014-03-12 18:08
グランマさん、こんにちは。
そちらの方は今日は春のような日だったと思いますが・・・こちらは予想を裏切る寒さでした。
宮城の無人島に防波堤を建築する予定地に総理の奥さんが訪問して「無駄な建設」と断じました。
彼女は「家庭内野党」との発言をした人ですが、感覚はとても見識のあるものでした。
1日も早く職場と住宅を提供して欲しいものですね・・・・・・!!
Commented by nikojisan at 2014-03-12 18:26
yodogawasyuhenさん、こんにちは。
海岸近くまで山の迫る地形の日本で高台を確保するのは困難なことでしょうが・・・
削った土砂を海岸地域の嵩上げに利用しても高台に住宅地・学校・病院を移設すべきですね?
建築コストも原材料費も人件費も高騰しています・・・・。
仙台市では今日3箇所にあった瓦礫処理所痕を更地に戻す工事が終了したそうです。
国有地に返却されて・・・防災林・公園に再開発されるとのことです。
県内で一番住宅地が復校状態にあるのは岩沼市のようで内陸部に住宅地が整地されてきました。
Commented by nikojisan at 2014-03-12 18:35
paoままさん、こんにちは。
パパさんが今日広島に帰られるのですね・・・顔を合わせて感激の涙を流してください_(‥)フーン!!
栃木にいる息子さんの顔を見るついでに仙台にも観光に来て下さいね・・・!!
その時は、ケロヨン軍曹の被り物を是非見せて下さい・・・・d(^-^)ネ!d(^-^)ネ!
5〜6月の頃が緑があって一番過ごしやすい時期かも知れません・・・・。

大分遠くまでお仕事で歩かれるんですね・・・・。
Commented by margueri1 at 2014-03-12 18:36
>るーちゃん こんにちは。
被災地からの取材をありがとうございます。
懐かしい町も荒れ果てたままなのですね。
あれから3年、ご家族を亡くされた方たちの気持ちを思うと、
決して癒える時間ではないように思います。
せめて、生きていく力が湧いてくるような生活を送っていただきたいと思います。
そのためにも、早い復興が望まれますね。
Commented by nikojisan at 2014-03-12 18:49
margueri1さん、こんにちは。
徐々に復興されてきていると信じたいのですが、昨日、小泉進次郎復興政務官も会見で
仰っていたように・・・「本当に進んでいるとはとても言えない!」のが現実です。
宮城県は地図でご覧になると判りますが・・・被災3県の中で一番海岸線の総延長が長いのです。
北から、気仙沼市・南三陸町・女川町・石巻・松島町・七ヶ浜町・塩竃市・多賀城市・
仙台市・名取市・岩沼市・亘理町・山元町と多くの市町村が並んでいます。
死者も1万人近く出てしまったのもこれが大きな原因です。
1日も早く仕事場と住む住宅を揃えなければ・・・住民は故郷を捨ててしまうんですよ!
何とか頑張って復興して欲しいものです・・・・・<m(__)m>
Commented by ジャスミン at 2014-03-13 11:32 x
3年経っても尚。
心が痛みます。
オリンピックもいいけれど、もっともっと復興のためにお金を使うべきだと思います。
報道番組を観ながら思った率直な感想です。
強い信念を持った政治家が更なる復興対策を推し進めてくれることを切に願ってやみません。
Commented by nikojisan at 2014-03-13 15:59
ジャスミンさん、こんにちは。
オリンピックが招聘されることになって、建設資材価格も、作業員の人件費も高騰しています。
このままでは復興は後回しになってしまいそうな気がします!
小泉進次郎復興政務官が、「わたしには復興が進んでいるとは言えません」との心情を吐露してますが
もっと真っ直ぐな心を持った政治家が頑張って欲しいと思うのは私だけではないと思います・・・・。
Commented by paoまま at 2014-03-13 18:08 x
ケロロ軍曹の着ぐるみは今手元にありませんが、今年の新年会で来た「ゴジラもどき」の着ぐるみならあります。

本当にこのゴジラもどきを着てるーちゃんに会いに行きたいものです。

アレ?るーちゃんゴジラの着ぐるみはご覧になりませんでしたか?
Commented by nikojisan at 2014-03-13 18:38
paoままさん、こんにちは。
ハイ! しっかりと見てますよ・・・同時に素顔の paoままさんのお顔も・・・
ゴジラのぬいぐるみは肥満の私の方が似合いそうです!

良い機会ですから是非パパさんが仙台にいる間においで下さい!
Commented by レモン at 2014-03-13 20:35 x
こんばんは
本当にあれから3年もたったのですね。
私は一時職を失い途方にくれた時期でした。
そして石巻にボランテアに行って現状をまのあたりに見た
のが昨日のようです。
まだまだ大変な日々を送っている人がいることを政治家は
わかっているのでしょうか?
るーちゃんがいうようにオリンピックどころではないかも・・・
Commented by nikojisan at 2014-03-13 23:09
レモンさん、こんばんは。
そうなんですよね・・・・3年も過ぎたのに被災地は何にも変わっていないかのようです。
石巻市・南三陸町・気仙沼市・名取市・山元町・亘理町などは今でも大変です。
故郷を去りがたく、また海岸近くに家を建てて住もうとする方もいれば・・・
新住民はもうこんな町には住みたくないと去る人も多くなって、
市町村が維持出来なくなりそうな自治体も出て来そうです・・・・。
復興が進んで・・・その姿を外国からの人々の目に見せると総理は言ってますが
復興とオリンピック準備が両立出来るのでしょうか??
Commented by まこちゃん at 2014-03-15 08:49 x
おはようございます。
被害のあった場所を地上げして住めるだろうか、高台の方が安心なんではないだろうかと思います。
住民の方の意見を重視して進めてほしいですね。
まだままだ復興には遠い道のりなのですね。
そして、地震国日本の原発は本当に怖いことですね。
まず何より大切なのは人間の命、そしてこれからの子どもたちの未来だと思います。

こちらの地震へのお見舞いありがとうございました。
何も被害はありませんでした。
震度5弱だということでしたが、普段めったに地震のない地域に住んでいるのでビビってしまいました。
これくらいの地震がしょっちゅうある東北、関東の方々は大変だなあと思います。
そして、東日本大震災、阪神大震災の大きさ恐さをあらためて思いました。ほんとに一日も早い復興を心から願っています。
どこに住んでいても人ごとではないと、この度の地震が教えてくれました。

Commented by nikojisan at 2014-03-15 12:42
まこちゃん、こんにちは。
防波堤・地盤嵩上げ・高台への移転・耐震設計の建築・・・・色々対応策はあろうかと思いますが
どれか1つだけでは自然の驚異の前には無理なのではないかと危惧します!
海岸線近くまで山の迫る日本の地理条件では総てが高台に移転するのもナカナカ困難な気がしますし・・・?
みんなが将来に希望を託せるような政策を実行して貰いたいものです。

そちらでは震度5強だったそうですが・・・東日本大震災の震度は・・・!!
その後の4月の余震の時にも猛烈な揺れがきて・・・思わず、「家が壊れる!!」と、叫びました・・・。
地震の恐怖は全く無くならないんです・・・今でも頻繁に余震がありますが怖いです!!

そちらの地震も余震が襲ってくるかも知れません・・・・、十分気を付けて下さい。


<< 震災から3年過ぎた空港      久し振りのブログ更新です・・・! >>