2014年 08月 29日

内田氏の新作を読む

Amazonを眺めていたら・・・大好きな内田康夫氏の新作が紹介されていた・・・。
結構注意していたつもりだったが・・・2013年8月に1作、今年の7月末に1作上下巻の2作が
未購入であったのに気が付き早速注文・・・・・。
今まで殆どの作品を網羅したと思っていたが・・・迂闊なことであった!!



注文した本が届いたので、早速読み始めて昨日・今日の2日間で2冊読み終えました!
7月の新作「遺譜ー上巻」「遺譜ー下巻」の2冊・・・
b0190709_1138325.jpg

b0190709_11383764.jpg




2013年8月刊の本は未だ読んでいません・・・・。
題名が、「北の街物語」
b0190709_1131791.jpg



2作品とも浅見光彦シリーズの作品で、特に、「遺譜」の方には
愛読者には懐かしい様々な作品に登場したヒロイン達が登場する・・・・。
久し振りに、「稲田 佐和」さんの登場はとても懐かしかった!!

マニアでない方々には「何のコッチャ!」ですが、・・・・
まぁ、一つの病気ですからガマンしてくださいね(^-^)/(^-^)/





「遺譜」・・・作品中で重要な役目を果たす、フルトヴェングラーの指揮で
       ワーグナー作曲 「ニュルンベルグのマイスタージンガー序曲」


by nikojisan | 2014-08-29 11:53 | | Comments(12)
Commented by blackfacesheep at 2014-08-29 12:35
内田康夫氏、私も大ファンです~♪
デビュー作の「死者の木霊」を読んだ時以来、そのストーリーテリングの見事さにはまってしまいました。
トリックはもちろんのこと、ドラマツルギーそのものが上手なんですよね。^^
TVドラマ化されたの結構好きで見ておりましたよ~。^^
↓オリンパスのアートフィルターって、効きが良くって楽しいですよね。^^
私も、今のPen miniを買ったきっかけは、アートフィルターでした。
ドラマチックトーンとかファンタジックフォーカス、ラフモノクロームに惹かれたんであります。^^
E-PM2の後釜は登場しそうにないですねえ・・・PL系はもうすぐE-PL7が出ると言うのに・・・^^;
Commented by nikojisan at 2014-08-29 16:55
blackfacesheepさん、こんにちは。
内田康夫氏の作品は、殆どの作品を買い求め読んでいます!
あまり印象に残らなかったものもありますが、大抵は印象に残っています。
事件と、色んな地域の観光、歴史的な背景を組み合わせた設定が巧みですが、
最近はこれに社会問題を加えてあり・・・より重厚さを増して来ています。
西村京太郎氏の作品も似たようなプロットですが、余りにも時刻トリックに拘りすぎた・・・??

OLYMPUSのデジタルフィルターはE-PM1でドラマチックトーンを使っていましたが・・・・
今では使い切れないほど増えました!!
Commented by yasuyasu0402 at 2014-08-29 21:18
本は読んだ事はないのですが!浅見光彦シリーズでのテレビ番組は好きでいつも見逃さず見ています。とてもはまっていますよ。夢中になって見ます。
Commented by margueri1 at 2014-08-29 21:25
こんばんは。
内田康夫で思い出すのは、軽井沢のティーサロンです。
昨年の軽井沢旅行で、知りました。
ファンの方たちが、結構訪問されているようですね。
浅見光彦シリーズは、テレビで面白くて見ていましたよ。
やはり、面白いドラマは、本が良いのですね。
今度、読んでみようかな。(^^)
Commented by nikojisan at 2014-08-29 21:27
yasuyasu0402さん、こんばんは。
テレビシリーズを見て良かったと感じられたのなら、
一度、原作を読まれることをお薦めします・・・!
ラブロマンス風な雰囲気が一番なのは「平家殺人事件」で、
とてもステキなヒロインが登場します・・・・。
ブログ本文でも触れている・・・「稲田 佐和」さんです。
Commented by nikojisan at 2014-08-29 21:46
margueri1さん、こんばんは。
軽井沢は、遠いので浅見光彦クラブには入っていませんが・・・
内田夫人が経営されているティーサロンに行って見たいし・・・!!

↑の方へもお答えしましたが是非原作を読んでみて下さい・・・。
若くて目が良いなら・・・ブックオフなどで文庫本を安く買えますので
読んでみて下さい・・・・。
ワタシは老眼なので、字の大きいハードカバー版を読んでいます。
Commented by renchiyan2 at 2014-08-31 05:24
おはようございます
全部買っていたつもりでも買い漏らしが見つかると悔しいですね
Commented by nikojisan at 2014-08-31 10:00
夢遊さん、こんにちは。
内田康夫氏の小説は、初めは長女が読んでいたのを、貸してもらったのが
そもそもの始まりで・・・これが、ピッタリと嵌まって二人で次々に新しい本を
買い求めて殆ど集めてしまいました。
最近は、地元の書店が次々と閉店して、仕方なくインターネットで買い求めています。!
便利になるのは良いけれど、地元の書店が無くなるのは寂しいですね・・・(T_T)
Commented by ジャスミン at 2014-09-01 14:49 x
私も内田康夫さんの話は好きです。
・・・っていうか~TVで観る浅見光彦さんシリーズのファンです(笑)
刑事局長の弟君です。。
Commented by nikojisan at 2014-09-01 16:39
ジャスミンさん、こんにちは。
テレビのドラマと原作には結構・・・違いがあるんですよ!
原作にはない浅見光彦シリーズに「竹村岩男警部」が出て来たり、光彦とお母さんが
一緒に度に行ったり・・・可成り脚色されています!

光彦役も、乙羽信子さんと一緒にでていたこともあるし、辰巳琢郎・榎木孝明・沢村一樹と
変わってきています・・・・。
フジテレビと他のテレビ局でも演ずる俳優は違っているようです。
お薦めの作品は「平家殺人事件」で、ヒロインは「稲田佐和」・・・・。
光彦役の最高のはまり役は榎木孝明・・・現在は刑事局長役をしてます。
Commented by paoまま at 2014-09-02 14:53 x
お気に入りの作家さんの作品を買い漏らしていたら、
そりゃ気になるでしょうね。
「自分としたことがっ!」
な思いでしたか?

でも買い漏らしていた作品があるって事は、
楽しみが一つ手つかずで残っていたって事でもありますもんね。
良かったじゃないですか。

光彦さんのシリーズは私も好きですが、
私よりもパパさんの方がうんと好きですよ。

ウチの田舎にある「尼子の抜け道」の話しやら「おろしご神社」を
内田先生が小説にしてくれないかなー、ってよく言っています(笑)
Commented by nikojisan at 2014-09-02 16:51
paoままさん、こんにちは。
内田さんは最近筆が遅くなってきてました!
大もうけして、一人1000万円もする飛鳥での世界一周旅行に夫妻で何度も
乗っているくらいですから余り筆も進まないのでしょう・・・・。
購入した3冊はあっと言う間に読んでしまいましたが・・・光彦氏が34才の誕生日になり
各事件のヒロイン達が一同に会しています。
どうやら、浅見光彦氏は間もなく探偵業を止めてルポライター業に専念しそうです!
しかも、過去のヒロインの誰かとゴールインして刑事局長の家を出るようです。


<< 我が家のペット・・・?      デジタルフィルターお試し >>