るーちゃん日々雑感

nikojisan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2011年 04月 30日

良かった!  新幹線も全線開通しました!

東北新幹線も、地下鉄南北線全線開通
楽天も勝ったし、ベガルタ仙台も勝った・・・!




昨日、4月29日「昭和の日」新幹線も最後まで残った仙台〜一関関が開通
仙台地下鉄も台原〜泉中央駅間が開通し、沿線沿いの修復なった「ユアテックスタジアム」で
ベガルタ仙台VS浦和レッズの試合が開催出来た。
仙台駅西部の「クリネックス・スタジアム」では東北楽天の地元開幕の第一戦が開幕しました。
どちらの試合も、東北を勇気づけるかのような勝利でした!!
町中でも、あちこちで様々な催しが行われたみたいで
ゴールデン・ウイークへの第一日目と言う事で町中賑わっていました。
これで本当の意味で東北に春が来たみたいに感じました・・・・
しかし、 気仙沼線、石巻線、仙石線の一部、常磐線が未開通であり
沿岸部の津波被災地はまだまだ町の復興は手つかずの状態であり
お隣、福島の原発事故の収束は見通しが全く立たない状況下にあります。
はやく、元気な日本、東北の底力が発揮され元の美しい東北が戻って欲しいものです。


震災のお見舞いを頂いた方々へ、心ばかりのお返しの買い物をするためと
ケヤキ並木の新緑の様子を確かめるために町中にカメラを持ちだしました。
GWのせいもあるのでしょう・・・大変な人出です・・・
b0190709_7183826.jpg

b0190709_7215445.jpg

b0190709_7222230.jpg

さぁ! どれにしょうかなぁー・・・?
b0190709_7224738.jpg

これっ!  楽しそう・・・お母さん!これで遊びたいよー!
b0190709_7242024.jpg


ケヤキ並木はまだ色は薄い感じでした・・・道路の真ん中は地下鉄東西戦の工事中
天守台方面を望む
b0190709_730247.jpg

仙台駅方面を望む
b0190709_730316.jpg

b0190709_7323277.jpg

b0190709_1454831.jpg

b0190709_1492333.jpg

b0190709_7335520.jpg

b0190709_7341813.jpg


当然、食いしん坊の私のこと、・・・・
例の、広東麺も久し振りに味わいましたよ・・・
奥さんは広東麺の焼きそばとシュウマイのセットでした!
b0190709_7461239.jpg

b0190709_7382372.jpg

帰る頃には雲行きが怪しくなって来ました。
帰りの車に乗ってから降り出して、無事雨を避けられました。
b0190709_1121478.jpg


ペンタックスK20D    DA50-200mm WR   DA18-55mm WR





J.S.バッハ:カンタータ第147番「主よ、人の望みの喜びよ」


by nikojisan | 2011-04-30 07:42 | Comments(34)
2011年 04月 26日

咲いた!咲いた! 桜の花が・・・その3

babathegiantさんのつながり企画「2011年 さくら写真」への
最後の参加です。



庭のムスカリ、チューリップの花ももう少しで咲きそうなのですが
先日の桜の写真が残してありましたので本日アップします。
b0190709_6484819.jpg


綺麗なピンク色に目が行って・・・
b0190709_6485613.jpg


マクロレンズがないのですが、なんちゃってマクロ風に・・・
b0190709_649421.jpg


遠くには山に雪が残った姿が
b0190709_6492513.jpg

b0190709_6493147.jpg


一部を大幅に切り取って
b0190709_6522967.jpg


家の近所の景色を、セピア色で・・・
b0190709_1243999.jpg



カメラもレンズもペンタックスK20D と50-200mmレンズ1本で
撮りましたので、表現には制約がありましたが何とか・・・・
センスと技術の拙さには目をつぶって頂いて・・・
これで、サクラ写真は終わりです。



夕方、お酒でも飲みながらユッタリと一日を振り返って・・・
J.コルトレーンの最も有名なアルバムから、
”It's easy to remember" を、どうぞ!


by nikojisan | 2011-04-26 07:06 | Comments(34)
2011年 04月 23日

閑話休題・・・

サクラシリーズが2回続いたのでその他の花々も採り上げてみました。
依怙贔屓をすると、可哀相ですから・・・



白モクレンの花
b0190709_9221151.jpg

b0190709_9214661.jpg

名前の判らない花・・・庭のあちこちに分けて植えました
b0190709_922404.jpg

b0190709_9261967.jpg

水仙をバックに・・・花海棠の蕾
b0190709_9245248.jpg

水仙も色んな種類が・・・黄色の額に黄色のはな
b0190709_9272096.jpg

別の場所にも・・・黄色の額に黄色の花・・・花が長い
b0190709_9342925.jpg

白い額に黄色のはな・・・花が長い!
b0190709_9311436.jpg

b0190709_9284737.jpg

白い額に黄色のはな・・・花が短い!
b0190709_930445.jpg

水仙の一部・・・あちこちに植えてあります
b0190709_9422039.jpg

b0190709_953569.jpg

チューリップの一部・・・
b0190709_947753.jpg

地植えの 赤鹿の子百合の芽・・・
b0190709_9481615.jpg


この他にも、口紅水仙(和水仙)、鈴蘭水仙が咲くんですが
花は未だ咲いてはいません・・・



ペンタックス K20D DA50-200mm
キャノンパワーショット SX120 IS

ビル・エヴァンスのピアノとモニカ・ゼッターランドのヴォーカルで



by nikojisan | 2011-04-23 09:53 | Comments(37)
2011年 04月 21日

咲いた!咲いた! 桜の花が・・・その2

18日に続いて2回目の桜の写真!
「明日は雨です!」との、予報が出ていましたので
出来るだけ桜の写真を撮りました!



団地の公園から町の方角を、パチリ!
b0190709_11452376.jpg

何となく綺麗だなと・・・ 構図も考えずに、カシャ!
b0190709_1149673.jpg

やたらと、カシャ!・・・カシャ!・・カシャ!
b0190709_115547.jpg

b0190709_11543763.jpg

b0190709_11532593.jpg

b0190709_11492784.jpg

b0190709_11493310.jpg

b0190709_11494258.jpg

b0190709_11512445.jpg

手当たり次第に、よく考えもせず、撮りまくりました。
写真を撮れるうれしさに・・・舞い上がってました。

つながり企画「2011年 さくら写真」に2回目の参加です。

ペンタックス K20D DA50-200mm
キャノンパワーショット SX120 IS

by nikojisan | 2011-04-21 12:00 | Comments(26)
2011年 04月 19日

咲いた!咲いた! 桜の花が・・・その1

寒さの春と、地震・津波に襲われたみちのく路にもようやく春が・・・
桜の花が咲き出し、このところの暖かさで一挙に満開になりました。



慌てて、桜を撮ろうと思ったのですが、取り敢えず、近場での写真で何とか・・・
家の近くの公民館前の広場で、
b0190709_828077.jpg

子供達が遊んでいました・・・何事もなかったように・・・
b0190709_830245.jpg

遠くに、泉が岳の姿が見えました(標高1,172m) てっぺん付近に雪が・・・!
山の中腹に茶色の部分が・・・冬はスキー場のゲレンデとなります!
b0190709_8322988.jpg

こちらは、泉が岳と付近の山々・・・北泉が岳?
b0190709_834834.jpg

小高い丘の上に桜のいっぱい咲いた公園が(小さな社があります)
b0190709_8363659.jpg

b0190709_8381488.jpg

各地の駐車場とか空き地には瓦礫が山のように・・・
此処には車がいっぱい無残な姿を晒していました!(右側の部分)
b0190709_8413048.jpg


地震があっても、津波があっても季節は確実に巡っています。

ペンタックス K20D DA50-200mm WR
キャノン   パワーショットSX120 IS


 babathegiantさんの、つながり企画 「2011年 さくら写真」に参加致します。

by nikojisan | 2011-04-19 08:46 | Comments(43)
2011年 04月 16日

ノー天気な公務員が・・・

ノー天気な公務員が身近にいて、腹が立っています!!
何を隠そう我が家の長男がこの非常時に育児休暇を取っています。

一月に長男の所に男の子が産まれたのを以前の記事で紹介しましたが
1月13日に退院してから通常1ヶ月くらいで「床上げし」自宅に帰るところが
大体の平均なのに、・・・3ヶ月後の4月12日に自宅に帰りました。
別居生活をしているのでいつ帰ろうと知ったことではないのですけれど・・・
(我が家の妻と、長女・、次女の時と比べても、あまりにも実家に甘えすぎだとは思いますが。)
それに加えて、嫁が育児休暇を1年取っています。
旗が立つのは、長男までが1年の育児休暇を取ったことです。

中学校の英語教員の本人のみならいざ知らず、亭主まで育児休暇とは・・・・
私が教育長なら「この非常時に何を考え違いをしている!」と、怒鳴りつけるし
民間企業なら、待ってましたと言わんばかりにクビになるでしょう・・・
子供が出来なかったかも知れない心配をしていたのに、やっと授かった子供だから
育児に協力したいというのです。(嫁が、長女と同じ年で不妊症らしい・・・)
年増で不妊症の嫁など要らなかった・・・・・
この嫁は、結婚前から口先だけの人で感じは良くなかったし、嫁の親の態度にも大いに腹を立て
結婚式にも出るつもりはなかったのですが、長女に説得されてイヤイヤ出席した。
妻は、結婚式の挨拶をどうしようと前の日まで悩んでいたらしい・(後で、娘から聞きました。)

この親は、校長上がりなのですが、校長気分が抜けずに何事にも所謂「偉ぶってる人」でした。
長男から、12月に結婚するという申し出があったので、親が反対する理由はないとの思いで、
親として、「挨拶に行きたいので都合は?」とお伺いを立てたが、○○日はテニスの大会だから・・・○○日は都合が悪いから、○○日は妻が怪我をしたからとか・・・・
数回に亘ってこちらの申し出を一方的に断って来ました。
都合がついて日取りが決まったのは、何と、申し出をしてから3ヶ月後の4月始め・・・

訪問して早速私が腹が立ったのは、我が家では家の中が臭くなるから、
「どなたにもタバコを吸うときは外に出て吸って貰ってます」との一言・・・・・唖然とした!
これが、自分の娘を嫁がせる相手の親に面と向かって言う言葉かと、元・校長の良識を疑いました。
宮城県○○テニス協会の会長という肩書きと、元・校長という「上から目線」を強く感じました。
嫁も長男も私が喫煙愛好者だと言う事を話してなかったのでしょうか? それとも、知らんぷり?

慌ててタバコをどうぞと、灰皿を出しましたが意地でも吸う気分にはなりませんでした。
皆さんがタバコを温和しく外で吸っていたのは、「○○会長だから、顔を立てておかないと
会長を引き受けて貰えないからな仕様がねえべ!」との、
あきれても、渋々従っていたのでしょう・・・・

この訪問から1ヶ月くらい後に、あちらからも挨拶に来るというので、可成り頭に来ていた、私は
「結婚式の日取りも、会場も勝手に決まっているのだから」
どうせすぐ結婚式で顔を合わせるのだし、儀礼的な、イヤイヤながらの、訪問などには
「奥さんのお怪我を押してまでおいで頂くことはありません」と、断った。

その後、色んな人に意見を求めましたが、この親の態度を肯定した人は皆無でした。
ある人は、「昔の校長はそんなもんだ!・・・何時までも校長気分なんだよ!」と、
吐き捨てるように言ってました。
大阪の叔母はかんかんになって怒っていました。
この親にしてこの娘かと思う所は度々見られましたが、今回の、二人での育児休暇には
腹が立って「母親一人で子供が育てられないのか・・」と、親にも文句を言いました。
「この非常時に学校の子供達の精神的な支えは誰がするんだと・・・・」怒鳴りつけました。
児童達は、こういう時に生徒を放り出し、自分の子供の世話をしていた先生が信頼出来るものか?
今後一切、我が家には出入り禁止だし、孫の顔も見たくは無いと追い返しました。

最近、数回の記事で公務員の態度に憤りをぶつけてきた私が身内にこんな情けない公務員を抱えて
どうしたものかと、記事にするのをためらってました。
しかし、終始一貫した態度を貫くためにも、この事実に知らん顔するわけにも行かず
此処に、恥ずかしながら身内の恥を公開する事としました。

折しも、地元の河北新報にこんな記事が載ってました。
この記事を見るにつけても、我が長男と嫁の身勝手さにはため息が出ます。
二人とも、教員をやる資格は無いように思えます。
敢えて、長男夫婦を告発したい!

b0190709_174386.jpg


by nikojisan | 2011-04-16 17:42 | その他 | Comments(21)
2011年 04月 11日

空々しい官僚の発言に・・・

今日、TV、で環境省の偉い人が、
「被災者を救うのは第一義的には、地方自治体に責任がある。」
「環境省は、お手伝いをしているだけですから・・・・」と言う責任逃れとも採れる発言!!
福島原発20km範囲の人や、各地の小学校・中学校に避難している人達の再避難受け入れ先を
模索する中で、政府が廃止決定の赤坂プリンスホテルや、各地の公務員宿舎を避難民に開放すると
決まったものの、末端の自治体には知らされず、当然、避難民には全く知らされていなかった。
形だけ揃えれば、全部が終わったようなつもりでいる、政治家と、公務員の脳天気さに
マスコミが厳しく追及した結果の答えだが、何とも空々しい発言・・・
名前は聞き逃したが、政治家だけではなく、高級官僚の危機感のなさ・・・・・

本当に、この国は大丈夫なのか???

今、11日の5時半頃に、福島にマグニチュード「7」クラスの地震が連続3回も来た!
震度6〜5の震度・・・・何時になったら収まることか・・・・
その後も、10回以上に亘る余震の連続・・・・怖い!

by nikojisan | 2011-04-11 17:38 | その他 | Comments(25)
2011年 04月 08日

また、強い地震が・・・

揺れの時間が短かったので、家族全員無事でした。



4月7日夜11時32分、・・・寝入りばなに強い地震・・・
その揺れ方は1ヶ月前の3月11日よりも強い!
このまま、長い揺れが続いたら「家が潰れる!」 と、恐怖が・・・。
震度6強と6弱・・・・同じ、仙台市内でも震度が違う!・・・・

またも色んな物が落下・・水浸し・・神棚の塩とお米が散乱・・金魚の水槽の水が溢れる!
間もなく、停電・・・ロウソクと懐中電灯の出番・・・
後片付けをしながら・・・ラジオの情報に必至に耳を傾ける・・・

まんじりとも出来ずにラジオの情報を聴き続けて・・・
朝方4時過ぎに床に入りました。

気象庁の発表に依れば、3月11日の余震だと言い、
東北大の説明だと、30年前の「宮城県沖地震」の再地震だという。
震源地が宮城県沖地震の場所ときわめて近いとのこと・・・
東日本大震災でも壊れ残った部分の破壊だという。

母の部屋の引き戸がサッシのレールごと曲がってしまいました。
家全体が傾いているのかなぁー・・・
早速、リフォームをした工務店に見て貰わねば・・・
物置の中も、滅茶苦茶・・・・エアコンの室外機が倒れているし・・・


死者3人、怪我人130名以上・・・・
またも復旧が遅れる・・・・!!1

by nikojisan | 2011-04-08 10:31 | その他 | Comments(20)
2011年 04月 06日

とてもカメラは向けられませんでした!

我が家からは、一番近い名取市の閖上海岸方面に行ってみました・・・
東部道路を境にして、海側の地域は見るも悲惨な状況でした。
田んぼには、車や、流された家とか、かなりの大きさの船までが放置されていました。
道路脇にも、自動車、船、家屋、様々な流失物、が累々と散らばっています。
さすがに、ご遺体はいち早く安置所に運んだようですが・・・・

仙台市との境にある、名取川に架かる閖上大橋はいまだに通行禁止・・・・
仙南の亘理町・岩沼市からの交通は、一旦、名取市の市街地の方向を大きく迂回して
仙台方向に向かわなければなりません。
この橋を渡ると、仙台市の若林区・宮城野区の荒浜地区があります。

この先の、最も被災のひどかった、閖上(ゆりあげ)海岸には、
警察・自衛隊が警備していて、これ以上先には入ることは出来ません。
この交差点近くのセブンイレブンには大きな車が突っ込んでいて、未だ、そのままになっています。

閖上の海岸方面を見ると、何カ所かの建物が残っているだけで、海岸まで丸見えの状態。
反対側も、バイパスとか、仙台市内方面が見渡せる状態でした。

支援物資の輸送と、交通のために、道路上の瓦礫は脇に寄せてはありますが
田んぼと、畑の中と、住宅地はそのままの状態で、とても見られたものではありませんでした・・・
田んぼの中には、所々にまだ海水が澱んでいて、とてもお米の作付けは出来そうもありません。

東部道路の町側にも海岸から町に至る道路を[通り道]にして、かなり内陸側まで津波の跡が・・・
帰りに、知り合いの司法書士事務所に寄ってみた・・・
事務所は大丈夫だったものの、司法書士さんの家は、
閖上地区だったので、流失してしまったとのことであった。
ここに勤めている女性のご主人は、長男が以前に勤務していた小学校の教頭を務められた方で
校長になるのを嫌って中学校の平教員になった人です。

今回、見た町の様子は、とてもその悲惨で、その凄まじさに
恐怖を感じて、とてもカメラは向けられませんでした!

しかし、震災の記録として、その悲惨さを忘れないためにも、気持ちを新たにして
いつかは写真を撮りに行こうと思っている・・・・・・


果たして、カメラを向けられるだろうか???

by nikojisan | 2011-04-06 18:45 | その他 | Comments(0)
2011年 04月 03日

通信が回復すると・・・

通信交通手段が回復するにつけ、身近な人達の消息が判ってきた。
悲しむべき事実が次第に判明して、目の前に突きつけらました。

石巻市に住んでいる従兄弟の無事は確認出来たものの、
その後、近くに住む長男夫婦の家屋が流されて、現在、従兄弟の家に同居しているそうだ。
更に、従兄弟の奥さんのお母さんの兄上の家が流されて行方不明だそうな・・・
子供さんは仙台に仕事で出掛けていて無事だったもののいまだに親は行方不明のまま・・・・・

現在、愛知県瀬戸市に住むこの従兄弟の弟の長男のお嫁さんの実家も女川町にあり
家族が行方不明なそうな・・・・

更に、塩竃市・石巻市・女川町に住む、数多くの親戚・従兄弟が、家具の下敷きでなくなったり
家が流されて行方不明だったり、と言う現実がどんどん耳に入ってる・・・・・

私は小学校一年生から3年生まで仙台市で過ごしたが、事情があって塩竃市に転居。
4年生から塩竃市の小学校で過ごし、ここの小学校を卒業したので、
数多くの同級生が現在も塩竃市に住んでいます。
商店の経営者、水産会社の経営者、薬局の経営者、開業医、喫茶店の事業主・・・・etc.

今迄、結構な回数で会っていた友人の消息もいまだに判らない・・・・・
でも、行っては見たいけれどもガソリンは全く手に入らず、車では行けない。
電車も動いていないし、道路も通行しにくいし、危険でさえある。口惜しい!!

先日、朝から行列に2時間並んでやっとの思いでガソリンを入れることが出来ました。
ガスも、やっと復旧して待望のお風呂にも入ることが出来ました・・・・!

でも、今回は、素直に喜ぶことは出来ませんでした。
被災地に取り残された人々は、あたりまえの日常生活(然も最低限の・・・)も出来ていないのです。

救助活動の邪魔にならない範囲で、被災地に消息を求めに行こうと考えている。

by nikojisan | 2011-04-03 10:28 | その他 | Comments(0)