るーちゃん日々雑感

nikojisan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 28日

パテと言う名のレコード会社

世界最大のレコード会社 E M I のフランスでのレーベルに PATHE MARCONIと言う会社があります。
このレーベルの特徴は、そのジャケット・デザインに良く現れています。
下にその写真を載せていますが、ジャケット周りに書いてある言葉は・・・・
日本ビクターで有名なニッパーに添えられている言葉・・・・・
「His Master's voice」・・・・ そうです! 「ご主人の声」なのです。
原語では・・・・LA VOIX DE SON MAIITRE・・・フランス語は読めません!!


b0190709_21134788.jpg

b0190709_21135326.jpg

b0190709_21135975.jpg

1枚目は全体の様子、2枚目はサン・サーンスの幻想交響曲の2枚、
3枚目はヴェートーベンのヴァイオリン協奏曲と、ドビュッシーの映像・・・



3枚目の左側のドイツ音楽のヴェートーベンのヴァイオリン協奏曲は何の変哲もないデザインです。
2枚目はラベルのツィガーヌをパールマンの演奏したものと、サン・サーンスのオルガン交響曲
わたしが好きなのはこの写真のジャケットです!
b0190709_22222851.jpg

ジャンマルティノン指揮フランス国立管弦楽団演奏のベルリオーズの幻想交響曲です。

これは日本盤のジャケットとは少しデザインが違っています。
このオリジナル盤は実にキレイなもので、すっかり気に入りこの原盤を手に入れました。
当時、日本盤は2000円台でしたが、このフランス盤は3600円しました。
ジャケットは見開きジャケットで豪華なものです。
この絵が誰の作品なのかは分かりませんが・・・
幻想交響曲という題名に似つかわしく幻想的なものです。

当時、ニッパーでお馴染みの犬のデザインは日本ビクターに商標権がありましたので
輸入品は ODEONのシールを貼って販売するしか方法がありませんでした。
現在は、日本ビクターの商標権が切れていますので本来のニッパーラベルで売られています。


残念ながらマルティノンの幻想交響曲はYouTubeにありませんでしたので
替わりにオルガン交響曲を・・・・・


by nikojisan | 2013-01-28 22:43 | Comments(24)
2013年 01月 24日

ナイスなデザイン!!

1/14にも「ラッキー・ストライク」と言うC D を採り上げましたが・・・・
その時に、これもナイスなデザインですね・・・と言う事で、2枚のC D を採り上げました。
一昨年の大地震ですべての C D と LP の大半がひっくり返って取りあえず元に戻したのですが・・
選別した並べ方ではなかったので、今日半日かかって C D の一部だけを楽器別・演奏家別に
並べ直して少しは捜しやすくなりました・・・・・・。
その途中で、上記の例に採り上げた2枚の C D を見つけましたので紹介します。



その1枚目は「ソニー・レッド」の「Out of the Blue] です。
その、ジャッケトデザインは、画面の2/3を占めるblueと1/3のred部分で構成され
blueの部分に題名が、redの部分に演奏者の名前が書き込まれています!
「青の外」の赤い部分に「ソニー・レッド」の名前を配すると言ったデザインです。
この L P を見つけたときには一瞬「ニヤッ」とした記憶があります・・・・
b0190709_1858791.jpg




次は、比較的最近見つけたものですが、「ティナ・ブルックス」の「True Blue」です。
ジャケット全面に亘って・・濃いブルー・薄いブルーが並んでいて・・・中心近くに
演奏者の「ティナ・ブルックス」の肖像が印刷されています。
各種の青い色がある中でこれが真実の青なのだと言っているようです!!
b0190709_19583549.jpg



そして、この2枚とも「ブルーノート」レーベルから発売されています。
「ブルーノートレーベル」は、アルフレッド・ライオン氏(1908年 ベルリン生まれ)が
エリントンのレコードをコレクションするために渡米し、一旦帰国・・・・・
その後、南米を経てアメリカに移住した。
アルバート・アモンズの演奏を聴いて感激して・・・これを録音するべくプライベート録音をする。
ジョン・ハモンドの支援を受けてカーネギー・ホールに通って生の演奏を聴きあさった末に
ジョン・ハモンド、ミード・ルイスらを集めマンハッタンの貸しスタジオでレコーディングして
少部数を市販した。
当初、「ブルース・ノート」とする予定だったレーベル名は発売直前に「ブルー・ノート」と決定した。
ルイス名の1枚と、アモンズ名の1枚を・・・各50枚の発売だった。
これが、ジャズの大レーベル「ブルー・ノート」の誕生の瞬間でした。
時は、1939年1月6日が誕生の記念日です。・・・今年の1月で74年になります!!
全ジャズレーベルの中でも、一番 発売枚数が多くて演奏もこの1939年の作品から
長い期間発売しています。 今ではジャズの愛好家なら誰でも知っていますよね?
現在日本での発売権は E M I (東芝)が持っていますが、その前にはキングレコードが持っていました。
マニアの中では、東芝 E M I レーベルよりもキングから出ていたブルーノートの方が音が良いと
持てはやされて、今でも中古盤はキングレーベルのものが高値で販売されています。
しかし、東芝に発売権が移行してから相当の年月になりますのでキングレーベルのブルーノートは
可成り数が限られて手に入れるのは難しいと思います。

キャノンパワーショットSX 120 IS




ソニー・レッドの演奏で、"Stairway to the Stars"・・・直訳すれば「星への階段」
少し味わいのある日本語を使うとすれば・・・・「星へのきざはし」




ティナ・ブルックスの演奏で、そのものズバリ・・・"True Blue"


by nikojisan | 2013-01-24 20:55 | Comments(18)
2013年 01月 21日

風丸さんの2回目の写真展

去年、登米市の「高倉勝子美術館」で行われた風丸さんの写真展の二回目の開催が近づいて来ました。
期日が近づいて来ましたので改めてご案内致します。
前回見逃された方も是非足をお運び下さい!!
風丸さんのBlogから抜粋して転載します。


(風丸さんのBlogからの転載)
昨年 登米市 高倉勝子美術館で開催しました写真展では多くの皆様に大変お世話になりました
今月30日から 会場を松島に変えて 写真展を開催させていただくことになりました 

日程は1月30日(水)から2月20日(水)まで
時間は11:00から15.00となります
宿泊のお客様 れんすとらん海音ご利用のお客様はもちろん
フリーでもご来場いただけます(入場料はいただきません)






松島での開催です。
前回の写真と共に、松島・宮城県内の写真も展示されるそうです。
案内パンフレットの紹介です。
b0190709_21593492.jpg




雪の松島の写真・・・個人的には雪の松島が一番綺麗なときだと思います!!
b0190709_6434380.jpg




ヤマさん、連絡お願い致します。




とても懐かしい歌声で・・・ナット・キング・コールのアンフォゲッタブル


by nikojisan | 2013-01-21 22:01 | その他 | Comments(22)
2013年 01月 20日

春はいつ来るの?

今年はことのほか雪が多くて・・・その上に寒い日が続いています。
温暖化という人もあれば、地球は小氷河期に向かっていると言う人もおります。
どちらが本当なんでしょうか??
久しぶりに具合が小康状態になったので・・・・
カメラを持ちだして軒先の氷柱が溶け始めていましたので・・・空をバックにして撮ってみました。
大雪の後と比べると・・・氷柱はだいぶ小さくなりましたが未だ残っています!
屋根の雪は殆ど溶けていないのです。
連日、寒さが続いていますので糖分雪は残っているだろうと思います。



b0190709_11581495.jpg

ニコンD-700+AF-S VR Nikkor 70~300 f4.5-5.6G
ISO200 270mm 0EV f6.3 1/400



b0190709_11202566.jpg

ニコンD-700+AF-S VR Nikkor 24~120 f3.5-5.6
ISO200 120mm 0EV f5.6 1/600

b0190709_11211976.jpg

ニコンD-700+AF-S VR Nikkor 24~120 f3.5-5.6
ISO200 120mm 0EV f5.6 1/250

b0190709_1155359.jpg

ニコンD-700+AF-S VR Nikkor 70~300 f4.5-5.6G
ISO200 195mm 0EV f5.3 1/1000





捧げるは愛のみ・・・・アン・バートンのヴォーカルで


by nikojisan | 2013-01-20 12:02 | その他 | Comments(28)
2013年 01月 14日

本格的な雪降りです!

カミさんが風邪を引いて・・・それを引き継いでしまって長い間なんにも出来ずにいました。
専ら、テレビを見て・・・お茶を飲んで水分補給していました・・・・?
当然食べて動かないのですから・・・皮下脂肪がバッチリと付いて動くのが益々億劫になって来ました。
写真も全く撮っていませんでしたが・・・
今日は、南岸低気圧!或いは爆弾低気圧?の影響で全国的な大雪の襲来のようですネ!!

仙台の正月行事「松焚祭(どんと祭)」が本日の予定なんですがこの大雪では・・・
どうなってしまうんでしょうかねぇー・・・・・。

無事実行されて、裸参りの人を「寒そう!!」って、眺めていました!!

体の調子が思わしくなくて正月飾りも未だ外していません!
朝からひっきりなしに雪が降り続いてますからかなりの積雪量になりました。
雪国の方からすれば、「ナンだ!たかが10㎝くらいの雪くらいで?」と言う事になるんでしょうが
これは相対的な基準ですから、地域・場所によって感じ方は違ってきます・・・よね??
明日の朝まで降り続ければ20㎝にはなりそうですね。
未だ風邪が治っていないのに、明日の病院行きが大雪で心配です・・・・・。

全く外に出られず写真を撮っていませんので庭の写真でカンベンしてください。



b0190709_14594560.jpg

DA18-55mmf3.5~5.6 AL WR ISO200 40mm f11 1/125 -0.3EV

b0190709_14592730.jpg

DA18-55mmf3.5~5.6 AL WR ISO200 26.2mm f11 1/60 -0.3EV
撮影時間1月14日午後1時46分
カメラ: ペンタックスK-20D



見る見る降り積もり午後4時半には・・・15㎝くらいになりました。
b0190709_16291771.jpg

b0190709_16291153.jpg


カメラ:キヤノンパワーショットSX120 IS





15日の朝の状態はこんな具合です! 20㎝以上の積雪は3年ぶりとのこと・・・
b0190709_885579.jpg

b0190709_89060.jpg


カメラ:キヤノンパワーショットSX120 IS






ジャケットだけで「これは買い!」と思ったレコードですが現在はどうも現役盤ではないようです
ソニー・レッドの "Out of the Red"とか、ティナ・ブルックスの "True blue"のような
ジャケ買いの一枚です。
ラッキーストライクのタバコのデザインとラッキートンプソンの名前を引っかけたデザインで
その遊び心が嬉しいデザインです・・・是非欲しいLPですね。


by nikojisan | 2013-01-14 15:10 | Comments(30)
2013年 01月 04日

正月に孫達がやって来ました・・・!

正月も三が日があっという間に過ぎて・・・皆さんは、今日からはまた仕事が始まりますね?
去年はわたしの下手な写真をご覧頂きまして有り難うございました・・・・
今年は去年よりも少しでもましな写真を撮りたいと思いますが、
年末には、また普通に終わるような気もしないではありません。
一昨年は年賀状を書ききれなくていっぱいの葉書が残りましたが・・・・
年末29日にはすべて書き上げて投函することが出来ました。(少し少なくて150枚・・・・)
1~2日は穏やかなお正月でゆっくりとテレビを見たり、FMを聴いたり、CDを掛けていました。

3日には午後から長男一家と、長女一家が来宅しました。
長男の息子と嫁さん(中学校の英語教師)とカミさん・・・
b0190709_15452669.jpg


b0190709_15493619.jpg

母、長男、長女の旦那さん、長女の息子


b0190709_1554574.jpg

小学校教員の長男・・・誰に似たのか髪が薄い・・・!

b0190709_15564314.jpg

長女の旦那と二番目(男の子)

b0190709_160541.jpg

長女の娘・・・唯一の孫娘

b0190709_1644528.jpg

孫娘、長男の嫁、長男の息子、長女の息子

何故か長女もいたのに写真は撮らなかったんですね・・・
この後長女一家は郡山市に帰るために一旦旦那さんの実家に帰りました・・・
長男一家はそれより先に家に帰りましたし、次女一家は遂に来ませんでした!

連日寒さが厳しくなって中々外には出られません・・・
今日も最低気温は−3.7℃・・・最高気温も氷点下、いわゆる真冬日です。
明日はもっと寒いようですが、2月までは低温傾向が続きそうと言う予報が出ています。
皆さん風邪などを引かないように気を付けて下さい。
今年も宜しくお願い致します!!

カメラ オリンパス E-PM1
レンズ パナソニックLUMIX G20 1.7 ASPH+オリンパス ZUIKO14-42mm




ハンス・ウエルザー・メスト(1960年オーストリア生まれの指揮者)
2011年初登場に次いで今回で2回目の登場・・・私には余り馴染みがない指揮者?
今年の New Year concert では、馴染みの薄い初登場の曲が多かったですネ!!
矢張り、馴染みの曲と言えば・・・最後に演奏される「ラデツキー行進曲」でしょう!!



by nikojisan | 2013-01-04 16:23 | Comments(36)