るーちゃん日々雑感

nikojisan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 11月 28日

電気百年館の展示物

前回紹介した発電所と電気百年館の展示品を撮影しましたので紹介します。
電化製品の変遷を・・・・・


蓄音機のスピーカーみたいですが・・・電気ストーブです!
アメリカのウエスチィンゲン社製
b0190709_103702.jpg

大正時代の足温器です
b0190709_10393562.jpg

同じく、大正時代の電気ストーブ・・・一般の家庭で使うの無理でしょうね?
b0190709_1042977.jpg

今でも形は余り変化してませんね・・・・卓上扇風機です
b0190709_10432823.jpg

これは鉱石ラジオ・・・どうやって聞いていたんですかね?
b0190709_10451660.jpg

電気あんか・・・・足を載せたらやけどしそうです!
b0190709_10461520.jpg

大正時代の電気釜はこんなに大袈裟な器械だったんですね?
b0190709_1047175.jpg

ラジオにホーン型のスピーカーが付いたもの・・・
b0190709_10482060.jpg

真ん中はトースターですよ!
b0190709_10485972.jpg

次の3点は何かは触れなくとも判るものです!
b0190709_10511992.jpg

b0190709_1051247.jpg

b0190709_10512991.jpg

さて、これで紹介は終わりましたので外に出ましょう・・・・
実は、記念館の職員さんと色んな話を聞いて冬には滝が凍結するとの話も
この方に確かめました・・・・
b0190709_1138357.jpg

この場所は大崎八幡宮にほど近い牛後橋を渡ったところの近くにあり
仙台市営バスの営業所もすぐ隣ですから分かり易い場所です。
広瀬川の河原では学生さんらしい人たちが,BBQまたは芋煮会をしていましたよ!
寒くないのかなぁー〜〜〜!!
b0190709_1103559.jpg

市内方向を眺めるとこんな風景です。
b0190709_1113223.jpg


2回に亘って数多くの写真をご覧頂き有り難うございました。




本日は満月ですので月の曲を・・・たまにはクラシック音楽も・・・・
賛否両論評価が割れている・・・G・グールドの演奏する月光ソナタの3楽章を・・・




高校生の頃に聞いたアンソニー・パーキンスの月光値千金を思いだしましたので・・・


by nikojisan | 2012-11-28 11:36 | Comments(28)
Commented by margueri1 at 2012-11-28 18:06
るーちゃん こんばんは ^^
ベートーベンの月光のソナタを聴いてます。
今日は雨、お月様が見えなくて残念です。
古い電化製品って、趣があって素敵ですね。
新しい製品よりもフォルムがかっこいいような気がします。
最後から3番目のフレーム効果のあるお写真、好みです(^^)
Commented by レモン at 2012-11-28 19:06 x
こんばんは
昔の電化製品を見ると今の時代とは全然違くてそれを
主にして改良に改良をかさね今の製品があるのでしょうね。
電気家電には限らずいつの世の中にも開発する人がいるの
だと思いました。
貴重な写真を見せて頂き有難うございます。
Commented by tkc at 2012-11-28 19:23 x
ほーー興味深いですね。一般市民は縁遠い代物だったんでしょうね。 高級感のあるものは時代を超越しますね、この前行った江戸時代から続く新潟のお茶屋さんで感じました。
Commented by nikojisan at 2012-11-28 20:08
maruさん、こんばんは。
先ほど外に出てみましたが・・・お月様は出ていませんでしたね。
昨日初雪が降った仙台では今日も風が強くて肌寒い一日でした。
電気ストーブを見てお金持ちの家でなければこんな製品は使えないだろうなと思いました。
フレーム写真はもっと広い範囲が写っていましたがトリミングでカットしました!!
Commented by nikojisan at 2012-11-28 20:13
レモンさん、こんばんは。
今の電気製品との違いを一番感じたのは、1枚目の電気ストーブと、鉱石ラジオですね。
電気あんかなんかは足をやけどしないのかと心配になりましたよ・・・・
それにしても見本がないのに商品化した方の努力は凄いモノですね!!
先人の努力と、創意にビックリさせられます!!
Commented by nikojisan at 2012-11-28 20:19
tkcさん、こんばんは。
電気ストーブ(3枚目の写真)はチョット工夫すれば現代でも暖炉スタイルで通用しそうな感じがします!
オーディオ製品もそうですが真に優れたデザインは時代を超越して現在にも通用します。
風丸さんの写真展・・・第2回目の展示会が松島の佐勘で来年1月に開催が決まったそうですよ!
Commented by geiei at 2012-11-28 23:37
説明がないと何だか解らない家電製品って意外にも多いんですね!?
逆に、昭和初期の頃の人がタイムスリップして、現代に来たらどうなっちゃうんでしょうね?
Commented by renchiyan2 at 2012-11-29 05:32
おはようございます
昔の電化製品趣があって見応えがあります でも今それを使うとすれば
不便でしょうね
Commented by nikojisan at 2012-11-29 07:11
geieiさん、お早うございます。
そうですね・・・・何だこりゃ?? って、製品もありましたよ・・・・!!
大正・昭和初期の人が現代に突然連れてこられたら・・・・ストレスを感じるでしょうね??
人はいっぱいいるし、煩いし、訳の分からんものが溢れていて・・・
Commented by nikojisan at 2012-11-29 07:17
夢遊さん、お早うございます。
↑にも触れましたが、3番目のストーブ・・・なかなか格好の良い物でしたよ!
移動できる暖炉風にアレンジしたら現代でも十分通用する風格がありました。
現代人は如何に変化に対する対応力が欠如しているかが分かるような昔の人の創造力は素晴らしいです!!
Commented by いちご at 2012-11-29 11:00 x
るーちゃん、こんにちは。
昔の電化製品、いろいろありますね。
今使うとなると不便でしょうけれど、昔はこれが最新の製品で
皆さん一家に一台欲しい!!そんなふうに思われていたのではないかしらね!
昔の方の考える能力って現代の人より優れていた部分もたくさんあるような気がします。
珍しい製品をたくさん見れて良かったです。
るーちゃん、ありがとうございます。
Commented by nikojisan at 2012-11-29 14:17
いちごさん、こんにちは。
↑にも書いてますけど、3番目のストーブハイまでも通用するデザインかなと思って欲しくなります。
最初に考えた人って独創的で凄いアイデアの持ち主だと思います。

広島も寒くなりましたか・・・仙台では一昨日初雪があり、昨日も今日もどんよりとした曇り空です!
クリスマス大雪と東日本大震災を経験してからは、石油ストーブを必ず買うことにしていて現在2台の
ストーブがあります。そのほかに温風ヒーターが2台、コタツが1つ、エアコン1台・・・
10月からストーブで灯油を使用していますので灯油代が大変です!
でも、ストーブのおかげで 暖を取れるし、明かりにもなるし、煮炊きも出来るから絶対に必需品です!!
わたし、暑いのも苦手なんですが・・年をとるにつけて寒さにも滅法弱くなったのです!
Commented by blackfacesheep at 2012-11-29 14:19
お~、これはレトロで素晴らしい~♪
今の製品はスマートになりましたが、この時代の製品のような威厳はないですね。^^
一枚目のストーブ、いかにも電気を食いそうな感じです、電源直結でモロ、あはは。^^;
芋煮会、懐かしいですね~、仙台にいたときには、いたるところで見かけましたよ。
コンビニにも芋煮会セット、売ってましたもんね♪
Commented by nikojisan at 2012-11-29 15:33
黒顔羊さん、こんにちは。
記念歌の展示物・・・初めて見る品もありました。
一目で何に塚野か分かる品もありましたが、使い方の全く予想が出来ないモノもありました。

この寒さでも芋煮会をしている若者もいるんですよね・・・
秋口は数多くの芋煮会でこの辺は賑わっているんですよね・・・・
我々は作並の奥とか、鬼首でしたが・・・・。
Commented by yodogawasyuhen at 2012-11-29 18:46 x
こんばんは
古い電化商品を見ると懐かしいです。
芋煮会ですか。
若い時は、私も野球大会でBBQして皆でビール飲みました。
Commented by nikojisan at 2012-11-29 19:56
yodogawasyuhenさん、こんばんは。
古い電化製品にはどうして使うのか疑問が出たものもありましたが・・・・
中には、多分こうするんだろうと考えが及ぶモノもありました!

広瀬川は河原で芋煮会が催されるのがとても盛んなんですよ!
味付けは、宮城では豚肉に味噌味ですが、大鍋で有名な山形は牛肉で醤油味なんですよ!
今では若いときのようには量はたべられなくなりましたね・・・・・!
Commented by グランマ at 2012-11-29 20:03 x
こんばんは・

これらの品々も庶民には高根の花だったんでしょうね。
若者は元気ですね~・・・寒空の下BQ?いも煮会ですか・

寒くなってきましたね~、週末にはさらに強い寒気がくるとか、
体調管理に気をつけ風邪をひかないようにしたいものですね。
Commented by nikojisan at 2012-11-29 20:28
グランマさん、こんばんは。
庶民には手の届かない高価な品々だったろうと推量致します。

芋煮会は10月頃までは普通に行われていますが11月の催しはチョット遅い感じがしますね?
昨日は仙台でも初雪が観測され、日曜日には平野部でもゆきが降るかもしれません!
Commented by 亀三郎 at 2012-11-29 23:05 x
こんばんは
懐かしい?ものを沢山見れて、良かったです。
わたしの中では、電気コンロ、、、むかし、実家で使っていたのが
あれのもっと薄い型じゃないかな?って思うのです。
そして、、、、電気コンロを使うときは、「すき焼き」
当時は、父が、、、晩酌してる日本酒を適当に入れて
「お酒を入れると、美味しくなるんだ」と、、
言いながら食べてたんですよ。
電気コンロを見たら、その光景が浮かんできました。
(懐かしいです)

PS ちなみに、うちの「すき焼き」は、豚肉でしたけど、、、(汗)
Commented by nikojisan at 2012-11-30 07:41
亀三郎さん、お早うございます。
昔のもの・・・・意外に使えるものもありますね?
わたしは今・・・七輪(ご存じでしょうか?)が欲しいなと思っています!
めざしが好きなんだけど・・・ガスでは味気ないんですよね・・・・・・・
サンマを焼くにも外で煙を茫々と上げて焼いてみたいんです!!
消防が来るかしらねぇー・・・・・・?? (∩.∩)
Commented by ペンタスキー at 2012-12-01 09:00 x
おはようございます。
最初の電気ストーブは何だか分からなかったけど、
他の物はなんとなく分かりそうです。
・・・私も昭和生まれなので(笑)

ブログ引っ越しました。
相変わらずココログですが、よろしくお願いします。
Commented by nikojisan at 2012-12-01 10:02
ペンタスキーさん、お早うございます。
お若いのに大体お分かりになったとのこと・・・素晴らしいです!
わたしなんか電気釜が・・・いまのとは大きさが全く違っていたので
暖房器かと思いました!!
他所のブログで引っ越しの件は拝見してましたので既に変更してますよ!
ペンタックスの最先端カメラのオーナーになりましたね・・感じは如何??
Commented by esiko1837 at 2012-12-01 19:42
るーちゃん、こんばんは。
みんなよく手入れされていて、綺麗な状態で保存されていますね。
これらの機器が現役だったころは、とっても高価で庶民は手が出なかったのではないでしょうか。
庶民にあこがれの器械だったと思います。
最初の一枚に写ってるの、私は扇風機かと思いました。
これがストーブとはねえ。
あ、でも今売っているハロゲンヒーターというのは、こんな形ですよね。
面白いものを見せていただきました。
Commented by Lucian at 2012-12-01 22:31 x
こんばんは。
1枚目は、3~4年前まで電器店で見かけたパラボラ形のハロゲンヒーターを思い出します。
今は売られていないようですが、不具合が多くて製造を止めたのかもしれません。
大正末期から昭和の始めは、最初の35ミリフィルムカメラ、ライカが発売された時期でもありますね。
これも庶民には高嶺の花だったわけですが。
Commented by yuta at 2012-12-02 10:33 x
こんにちは
明治から昭和までの電気製品
今は日常用品になっていますが、
当時は誰もが持てるのではなかったのでしょう
今の製品のような多機能ではなく、
使用目的が絞られているところがいいですね
形も個性的で好感がもたれます^^
Commented by nikojisan at 2012-12-02 15:27
esikoさん、こんにちは。
どうして残っていたのか不思議なくらい古いものがキチンと残っているんですね?
一番気に入ったのが3番目のストーブです・・・堂々とした風格でさぞや高かったのだろうと
気になります・・・お金持ちの広々した応接間にでも置いてあったのでしょうね??
Commented by nikojisan at 2012-12-02 15:35
Lucianさん、こんにちは。
昔の製品には風格が感じられますね?
大量生産ではなく、手作業の要素が随分とあったのでしょうね?
ライカのカメラにしても、オーディオの名品にしても手作業ならではの良さがあります。
大型の、英国製スピーカータンノイ、オランダ製のカートリッジのオルトフォン、
米国製の大型スピーカー、ボザーク、劇場用のアルテック・・・・
今でも工業製品の追随を全く受け付けないんですよね!!
Commented by nikojisan at 2012-12-02 15:45
yutaさん、こんにちは。
日本の携帯電話が世界的には2流品に留まっているのは、不必要な高級さを付けて
価格が高い・・・・使いにくい・・・更に高級機能を付加する・・・価格が上がる!
オーディオ製品でもそうですね?
クラシックを聴くにはタンノイ、イーストコート音楽にはアルテック、
ウエストコースト・モダンにはJBL、・・・それぞれ得意分野がありました。
単一機能には・・・これでなくてはのベストがありますよね・・・・??


<< もうすぐ今年も終わります!      日本最初の水力発電所! >>