るーちゃん日々雑感

nikojisan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:コンバーターレンズ ( 1 ) タグの人気記事


2015年 08月 09日

リェージュ・・・って、知らない??

東京オリンピックのロゴのデザインについて・・・
ベルギーの名も知られていない劇場のロゴデザインの盗作!・・・だと騒がれています!
日本人の高名な知識人の誰もが
「こんな町も、劇場も誰も知らないよね?」と、恥ずかしげも無く公言している!
音楽に少し興味がある方なら「あぁ!フランス音楽に味わいのある演奏を
聴かせてくれるオーケストラが有る町と劇場の名前だよね・・・・。と。思い出されるはず!
フランス音楽とかベルギーの演奏に卓越したワザを見せてくれるオケである。
最も有名なのはセザール・フランクの交響詩シリーズです・・・




先ずは、
①交響詩「プシュケ」・・・
ギリシャ神話から題材を採った4曲から構成される。
私も持っているのだが今日半日レコード棚を探したが見つけられなかった!
ジャケットの紹介が出来ないので・・・解説書から印刷部分を撮影した。
b0190709_2153996.jpg

白黒で見にくいが、実物のジャケットは蝶々の羽が水色に輝くそれは美しいモノだ。

他には・・・
②交響詩「ジン(魔神)」ピアノ独奏が組み合わされた特異な交響詩
③交響詩「呪われた狩人」
④交響詩「贖罪」


演奏は、
ポール・シュトラウス指揮・・ベルギーリェージュ管弦楽団の演奏・・・①〜③
殆ど並ぶ演奏に・・・・
アンドレ・クリュイタンス指揮・・ベルギー国立管弦楽団が同じ作品を出している!
②のピアノ独奏は・・・両盤とも A.チッコリーニである。

世界的には後者の方がより有名なので現在はクリュイタンスの演奏が残っているようだ。
クリュイタンスも好きなので同じ曲を彼の演奏でも所有している!

>軽々しく「そんな町は知らないよね!」などとは口にしない方が良いですね。




A.クリュイタンス指揮・・ベルギー国立管弦楽団の演奏で


by nikojisan | 2015-08-09 22:25 | その他 | Comments(10)